美肌・若返り

糸リフトは2年持つ?糸リフトの効果と持続期間まとめ。【医師解説】

論文に基づき糸リフトの効果と持続期間を解説します。

「糸のリフトアップ治療を受けたい。」
「糸のリフトアップ治療が受けたいけど、たるみがどの程度上がるか気になる。」
「糸のリフト治療をしたいけど、1年後や2年後の効果持続が知りたい。」
若返り目的に「糸のリフトアップ治療」は人気です。
ただ、どの程度たるみが上がるのか、効果持続期間はどの程度なのか知りたいという方は少なくありません。
そのため、今回糸のリフトアップ治療のリフトアップ効果や効果持続を中心にまとめていきます。

糸のリフトアップ治療とは?

糸を挿入しお顔のたるみをリフトアップする治療です。
また、糸はコグといってトゲトゲのようなものがついており皮膚の皮下組織にひっかかりお顔をリフトアップさせることが可能になっています。
糸は吸収性の糸と非吸収性の糸があります。
なお、吸収性の糸を用いたリフトアップ治療が安全性が高く人気なため今回は吸収性の糸のリフトアップ治療について説明します。
また、糸を挿入する方法は糸の種類によって異なります。

糸のリフトアップ治療の効果

私は1000例近く糸のリフトアップ治療をしていてその効果や満足度において高い評価を得ています。
また、糸のリフトアップ治療は論文において以下のような効果があると客観的に証明されています。

1 たるみ改善・小顔効果

ほうれい線・口角・フェイスラインなどのたるみがリフトアップし改善します。
気になる部位を直接リフトアップさせることができることが最大の利点でしょう。
なぜなら、切開のフェイスリフト手術ではほうれい線や口角までは距離的に遠く劇的な改善が難しいからです。
また、たるみがリフトアップすることによりフェイスラインが整い小顔効果もあります。
<1><2><3><4>

2 肌質改善効果

糸が挿入されている刺激でコラーゲン増生効果があり肌のハリがアップして肌質改善効果があります。
そして、たるみ毛穴に効果的であり、またコラーゲン増生効果によって小じわにも効果があります。肌の引き締めも期待できます。
<5><6>

糸のリフトアップ治療のダウンタイム

主なダウンタイムは数日〜1週間程度です。
以下のようになります。
翌日から仕事や予定があっても施術を受ける方は多いですね。

【腫れ・内出血】
腫れは直後がピークで数日〜1週間でほとんど引きます。
また、内出血が出てしまった場合は1〜2週間で吸収されなくなります。
最終的な完成は1ヶ月後となります。

【痛み】
口を大きく開けた時、顔を洗顔などで触ったときに数日〜1週間程度ジンジンする程度の痛みがあります。

【口の開けにくさ】
数日〜1週間程度は口が大きく開けにくいです。
そのため、1週間はハンバーガーなど口を大きく開けないと食べれないです。

【針穴】
針穴は1週間程度色味が目立ちます。
(メイクでごまかせます。)
1ヶ月するとほとんど分かりません。

糸のリフトアップ治療の効果・持続期間の真実

スレッドリフトは糸によるリフトアップ治療であり韓国や日本だけでなく世界中で行われている人気な施術です。
スレッドリフトの満足度に関して参考になる文献があり、今回紹介させて頂きたい文献は
「スレッドリフト(糸の材質はPDO)で2年後のリフトアップ効果を評価したもの」です。

(2 years outcome of thread lifting with absorbable barbed pdo threads: Innovative score for objective and subjective assessment.)<1>

つまり、この文献の何が凄いかと言うと糸のリフトアップ治療(スレッドリフト)の長期的な効果で
「どのくらいたるみが上がったか?」
ということを評価指標としているところです。
今まで糸のリフトアップ治療の長期効果の評価は「満足度」を用いられていることが多かったですからね。

方法

・以下の3つのグループに分けた。
① スレッドリフトを1回
② スレッドリフト1回+6ヶ月に1回ボトックス注入やヒアルロン酸注入やPRP注入
③ 6ヶ月に1回ボトックス注入やヒアルロン酸注入やPRP注入
・3つのグループを2年間調査。
・施術を受けたのは63人(21人ずつの3グループ)
・2014年〜2017年にかけての3カ国で行われた調査。
・女性は53人、35〜50歳で平均年齢は40歳。
・男性は8人、45〜55歳。
・リフトアップ効果と満足度を5段階で評価。

結果

リフトアップ効果の結果は以下の通り。

【グループ1】(スレッドリフトを1回のみ)
直後のリフトアップ効果は81%が6〜10mm、19%が>10mmであった。
2年後のリフトアップ効果は33.3%が3-6mm、57%が1-2mm、9.5%がリフトアップ効果なし(0mm)だった。

【グループ2】(スレッドリフト1回+6ヶ月に1回ボトックス注入やヒアルロン酸注入やPRP注入)
直後のリフトアップ効果は100%が6〜10mmであった。
2年後のリフトアップ効果は71.5%が3-6mm、23.8%が6-10mm、4.8%が>10mmであった。

【グループ3】(6ヶ月に1回ボトックス注入やヒアルロン酸注入やPRP注入のみ)
直後のリフトアップ効果は100%が1-2mmであった。
6ヶ月後のリフトアップ効果は100%がリフトアップ効果なし(0mm)だった。

満足度の結果は以下の通り。

【グループ1】(スレッドリフトを1回のみ)
直後の満足度は81%が高い満足度、19%が最高の満足度であった。
2年後の満足度は47.6%が中程度の満足度、38%が低い満足度、12.3%が不満足だった。

【グループ2】(スレッドリフト1回+6ヶ月に1回ボトックス注入やヒアルロン酸注入やPRP注入)
直後の満足度は100%が高い満足度であった。
2年後の満足度は42.9%が中程度の満足度、42.9%が高い満足度、14.2%が最高の満足度だった。

【グループ3】(6ヶ月に1回ボトックス注入やヒアルロン酸注入やPRP注入のみ)
直後の満足度は100%が低い満足度であった。

結論

「Thread lifting for face rejuvenation has significant long-lasting considerable skin lifting from 3-10 mm and high degree of patients’ satisfaction with less incidence rate of complications about 4.8%
「顔面の若返りのためのスレッドリフトはたるみを3〜10mmリフトアップさせ、高い満足度が認められる。合併症も少なく4.8%程度である。」

まとめ

糸リフト(吸収糸のPDO)は2年後もリフトアップ効果があることが客観的に証明されました。
(症例集積研究の論文において。)
ただ、リフトアップ効果は経過とともに弱くなります。

そして、6ヶ月に1回、ボトックス注入やヒアルロン酸注入やPRP注入をすることによってリフトアップ効果をキープしやすく満足度も高いです。
データを解釈すれば、2年後でも70%の症例で直後のリフトアップに近いレベルの効果、30%の症例で直後のリフトアップの半分程度のレベルの効果が認められています。
2年後でも十分な効果と言えます。

そのため、糸リフトとボトックスやヒアルロン酸注入のコンビネーション治療が良いですね。

糸リフト単独ですと、残念ながら2年後のリフトアップ効果は多少残ってはいるもののわずかなことが少なくないですので。

糸のリフトアップ治療はリスクが少なく手軽に若返りができるため大人気の施術です。
興味のある方は技術力のある医師に相談しましょう。

エビデンス

今回の2年間のリフトアップ効果が証明された論文のエビデンスレベル(根拠に基づく医療)は症例集積研究です。

【専門家の意見・見解】<【症例報告】・【症例集積研究】
の順にエビデンスレベルが高いです。

つまりリフトアップ効果に関する今回の論文は信頼性が専門家の見解より高いと言えます。
専門家の意見・見解よりも重みがあり科学的に正しいということです。
(仮に、「糸リフトが効果ない」、「糸リフトは6ヶ月間しか効果が持続しない」と主張している医師・専門家がいたとしても信頼度・根拠のステージが違うため議論にすらならないと言えます。)

【参考文献】

<1>2 years outcome of thread lifting with absorbable barbed pdo threads: Innovative score for objective and subjective assessment.
Ali YH et al:J Cosmet Laser Ther. 2017 Sep 1
<2> Vertical Lifting: A New Optimal Thread Lifting Technique for Asians.
Kang SH et al:Dermatol Surg. 2017 Oct;43(10):1263-1270.
<3> A Prospective evaluation of outcomes for midface rejuvenation with mesh suspension thread: “REEBORN lift”.
Han SE et al:J Cosmet Dermatol. 2016 Sep;15(3):254-9
<4>Savoia A et al:Outcomes in thread lift for facial rejuvenation: a study performed with happy lift™ revitalizing.
Dermatol Ther (Heidelb). 2014 Jun;4(1):103-14. doi: 10.1007/s13555-014-0041-6. Epub 2014 Jan 17.
<5>Suh DH et al:Outcomes of polydioxanone knotless thread lifting for facial rejuvenation.
<6>Rakesh Kalra et al:Use of barbed threads in facial rejuvenation.
Indian J Plast Surg. 2008 Oct; 41(Suppl): S93–S100.


【関連記事】

【医師解説】糸リフトの顔のたるみ治療は安全?糸リフトの後遺症とダウンタイムまとめ
【医師解説】「糸のリフトはやってはいけない手術」は間違い!糸リフトの効果と安全性
【医師解説】糸のリフトアップ治療を受ける前に知るべき知識・効果・リスクまとめ。
【医師解説】ハッピーリフト(糸のリフトアップ治療)の5の効果・6の注意点・まとめ
【医師解説】スレッドリフトの満足度・合併症・リスク・肌質改善効果の真実。
【医師解説】大人気若返り治療!糸のリフトアップ治療で聞かれる10の質問。

関連記事