美肌・若返り

【医師解説】糸のリフトアップ治療を受ける前に知るべき知識・効果・リスクまとめ。

「お顔のたるみが気になる。」
「たるみによって老けて見えてしまう。」
など悩んでいる方は少なくありません。
そのため、そんな方にオススメなのが糸のリフトアップ治療です。
糸によるリフトアップ治療をスレッドリフトと呼びますが、今回美容外科医・美容皮膚科医の視点から詳しく説明していきます。

糸のリフトアップ治療とは?

糸を挿入しお顔のたるみをリフトアップする治療です。
また、糸はコグといってトゲトゲのようなものがついており皮膚の皮下組織にひっかかりお顔をリフトアップさせることが可能になっています。
糸は吸収性の糸と非吸収性の糸があります。
なお、吸収性の糸を用いたリフトアップ治療が安全性が高く人気です。
また、糸を挿入する方法は糸の種類によって異なります。

糸のリフトアップ治療の種類

糸のリフトアップ治療は糸の種類もたくさんあり、数え切れないほどの種類の方法が存在しています。
しかし、大きく分類すると吊り上げ固定型と挿入埋没型の2つに以下のように分類できます。
リフトアップ効果をメインとしたものから肌の引き締めだけを目的にするものまで様々です。
どのような種類が適しているか医師に相談しましょう。

1 吊り上げ固定型(Fixation type)

結紮して固定するタイプ

・Cable-Suture
・WAPTOS
・Silhouette Lift
・Contour Lift

結紮はしないが使用法の工夫で固定されるタイプ

・EZ Lift
・Z-tosis

2 挿入埋没型(Floating type)

ひっかかりにより固定されるタイプ(この方法が現在の主流です。)

・Spring thread(スプリングスレッド)
・APTOS(アプトス)
・Happy Lift(ハッピーリフト)
・3Dリフト
・ミントリフト

まったく固定されないタイプ(肌質改善のみ。)

・Shopping thread(ショッピングスレッド)

糸のリフトアップ治療で代表的な5つのタイプ

先ほどの分類のように様々なタイプの種類がありますが、代表的なものとしては以下の5つのタイプです。

1 アプトス(フェザーリフト)

一番初期のタイプの糸です。
糸はポリプロピレンという素材(溶けない素材)でできておりトゲ(コグ)がついています。
であり挿入することによってお顔をリフトアップさせることが可能です。
また、糸のまわりからコラーゲンの増生効果を期待することができます。
そのため、リフトアップ効果+肌質改善効果があります。

2 ハッピーリフト

1のアプトスの糸の素材が吸収性のPDSとなったものです。
溶ける糸のため安全性が高いというメリットが大きいです。
また、1のアプトスと同様でリフトアップ効果+肌質改善効果があります。

3 3Dリフト

1と2は糸にコグがついており、それが皮膚の下の皮下組織にひっかかりリフトアップさせる治療ですが、3Dリフトはコグではなくコーンがついています。
コーンが皮下組織にひっかかりリフトアップさせます。
コーンはPLA(ポリ乳酸樹脂)であり吸収性なので溶けます。
そのため、2のハッピーリフトと効果は近いです。

4 スプリングリフト

1〜3とは異なり糸に伸縮性があり丸みを帯びたコグ並んでいて挿入することによってお顔をリフトアップさせることが可能です。
高いリフトアップ効果と長い持続期間が期待できますが糸の材質はポリエステルとシリコン製のため非吸収性です。(溶けません。)
溶けない糸のため感染などのトラブルのリスクがあります。

5 ショッピングリフト

1〜4とはまったく異なり、吸収性の糸(材質はPDO)をお顔に挿入するだけです。
そのため、手技的には容易で手軽に受けることができますが、リフトアップ効果はありません。
肌のハリを高めるような「肌を引き締める」肌質改善効果のみ期待できます。

糸のリフトアップ治療の流れ

1 医師とカウンセリング

医師とリフトアップしたい箇所や必要な糸の本数、リスク、ダウンタイムなど説明を受けます。

2 料金の説明や同意書の記入など

料金の説明を受け、納得すればそこで同意書等を記入し料金の支払いをします。
糸のリフトアップ治療は小手術のため当日に施術を受けるケースも少なくありません。

3 デザイン

糸を挿入する位置など、リフトアップする部位のデザインをします。

4 施術

糸のリフトアップ治療においては静脈麻酔(※1)や笑気麻酔(※2)を併用することもあります。
お顔の消毒後に、局所麻酔の注射をします。
糸の通り道に麻酔の注射をします。
糸を挿入してお顔のたるみをリフトアップさせます。

(※1)点滴による麻酔で主にプロポフォールを用いることが多いです。使用することで眠った状態で施術を行うことが可能です。また、施術中に仮に痛みを感じたとしても終わった後には忘れています。
(※2)吸入による麻酔です。少しうとうとしたりリラックスする効果があります。眠ったり意識を失うような作用はありません。

5 帰宅

終了後に少し休んでから帰宅します。
メイクは当日から可能な場合と翌日から可能な場合があります。
(クリニックの指示に従いましょう。)

リフトアップ人気部位ランキング

糸のリフトアップ治療はお顔のたるみを改善させる方法ですが、人気な部位ランキングとしては以下のようになります。

1位 ほうれい線
2位 口角のたるみ
3位 フェイスラインのたるみ
4位 ゴルゴライン
5位 首
6位 額

特にほうれい線と口角のたるみ(マリオネットライン)の改善希望の方が多いですね。
そのため、どの部位を改善させたいか医師に相談しましょう。

ダウンタイムは?

【腫れ・内出血】

糸のリフトアップの処置直後は麻酔の影響と糸が挿入される手技の影響で腫れます。
そのため、腫れのピークは直後です。
腫れは麻酔の影響がもっとも大きいため2日間で70~80%くらい腫れが引きます。
(個人差もありますが数日で腫れが気にならなくなる方が多いです。)
そして、腫れは1週間で90%くらい引きます。(ほぼ完成です。)
なお、内出血は出ないことが多いですが出てしまっても小範囲であり1〜2週間で吸収されなくなっていきます。
100%の完成は2週間~1ヶ月後となります。

【痛み】

痛みは麻酔の注射です。
麻酔の注射が終わってしまえば痛みはありません。
また、施術が終わって数日〜1週間程度は糸が挿入されている部位を触るとジンジンする程度の痛みを感じます。
そういったジンジン程度の軽い痛みも1週間以上経過するとほとんどなくなります。

【ツッパリ感・皮膚のヨレなど】

お顔がリフトアップされているためツッパリ感・皮膚のヨレ・口が大きく開けにくいなどの症状が多少出ることがあります。
そのようなツッパリ感やヨレなどの症状は1週間程度でなじみます。

なお、
・ダウンタイムは医師の技量に大きく左右されます。
・糸のリフトアップの種類によってダウンタイムは異なります。
(今回のダウンタイムの内容はアプトス、ハッピーリフト、3Dリフトなどの手術に沿って書いています。)
・糸の本数によってもダウンタイムは異なります。

何日間のお休みは大丈夫?

基本的には、「手術日+1日」の合計2日間のお休みがあれば大丈夫です。
(仕事や生活の背景はそれぞれですので一概には言えませんが。)
また、腫れが心配な方は「手術日+3日」の合計4日間のお休みがあれば安心ですね。

糸のリフトアップの7つの効果・メリット

糸のリフトアップには以下のような効果・メリットがあります。

1 たるみ改善効果

ほうれい線・口角・フェイスラインなどのたるみがリフトアップし改善します。<1>
気になる部位を直接リフトアップさせることができることが最大の利点でしょう。
なぜなら、切開のフェイスリフト手術ではほうれい線や口角までは距離的に遠く劇的な改善が難しいからです。
2年以上の調査で満足度が89%であったというデータもあります。<2>

2 小顔効果

たるみが改善することによってフェイスラインが整い小顔効果があります。

3 顔がたるみにくくなる

糸のリフトアップ治療を定期的に行うことによって、肌を支えているコラーゲン繊維などの増生効果が期待でき将来的にもたるみにくくなります。

4 肌のハリ

糸が挿入されている刺激でコラーゲン増生効果があり肌のハリがアップして肌質改善効果があります。<3>

5 毛穴・小じわ

たるみ毛穴に効果的であり、またコラーゲン増生効果によって小じわにも効果があります。<3>

6 肌の引き締め効果

コラーゲン増生効果によって肌の引き締めが期待できます。<3>

7 手軽な若返り治療

メスを使う手術ではなく、ダウンタイムも少なく若返ることが可能です。
手軽に確実に若返ることが可能なため人気の治療です。

糸のリフトアップ治療の6つの注意点・リスク

以下のような注意点・リスクがあります。

1 ダウンタイムがある

手術なので必ずダウンタイムがあります。
ただ、ダウンタイム(痛み・腫れ・内出血・赤み・大きく口を開けなくい)などは軽度です。
少なくとも1週間以上経過すれば気になる症状はほぼないでしょう。

2 一時的な感覚障害

麻酔の影響などで一時的に顔の感覚障害が出ることがあります。
通常数時間〜翌日で軽快します。

3 一時的な顔面麻痺

2と同様で麻酔の影響です。
通常数時間〜翌日で軽快します。

4 非対称・左右差

非対称・左右差が6%の症例でありすぐに修正されたというデータもあります。<2>
左右差は通常腫れが落ち着けば軽快します。
そのため、1ヶ月以上経過して左右差が改善しない場合はクリニックを受診し医師の診察を受けましょう。

5 感染

挿入した糸が感染してしまうことが稀にあります。
確率的には0.1%以下でしょう。
抗生剤の内服や点滴をしたり、場合によっては糸を抜去する処置をすることもあります。

6 凹み・凹凸

糸のリフトアップ治療後に多少の凹み・凹凸が出ることがあります。
これは、浅い位置に挿入されてしまった時に起きてしまうことが多いです。
通常は1週間程度でなじみます。
万が一、1ヶ月以上経過して気になった場合は施術を受けたクリニックを受診しましょう。

糸のリフトアップはやってはいけない?

糸のリフトアップ治療は2001年Sulamanidzeらによって報告されたAPTOS糸が初めてでありその後、世界中で普及しています。<4>
16年以上経過した今現在でも人気の地位を確立しているということはそれだけダウンタイムが少なく効果もそれなりにあり需要のある施術ということでしょう。
また、糸のリフトアップ治療の効果は臨床的・理論的・組織学的に証明されており、国内外の医学英語論文でも数々の発表がされています。<1><2><3>

しかし、糸のリフトアップ治療に批判的な医師が一定数います。
理由としては、経験が浅いとその効果・有効性への理解が乏しく考え方が狭くなってしまう、フェイスリフト手術を受けるように誘導したいということがあるのかもしれません。
糸のリフトアップ治療は過大な効果を期待させるような表現はクリニックのホームページなどでは厳格に慎むべきでしょうが適応を選べば非常に良い施術です。
そのため、糸のリフトアップ治療は経験豊富な医師に適応や効果など相談しましょう。

※糸のリフトアップ治療に関する満足度・合併症・リスク・肌質改善効果の真実に関して詳しくはこの記事参照。
【医師解説】スレッドリフトの満足度・合併症・リスク・肌質改善効果の真実。

まとめ

以上、糸のリフトアップ治療のまとめでした。
手軽にお顔のたるみを改善することができ若返ることができるため人気の治療です。
ただ、手術ですのでダウンタイムやリスクはゼロではありません。
また、ダウンタイムを含め結果は医師の技術に大きく左右されます。
そのため、100症例以上の経験があり信頼のできる医師を選びましょう。

【参考文献】
<1>Suh DH et al:Outcomes of polydioxanone knotless thread lifting for facial rejuvenation.
Dermatol Surg. 2015 Jun;41(6):720-5.
<2>Savoia A et al:Outcomes in thread lift for facial rejuvenation: a study performed with happy lift™ revitalizing.
Dermatol Ther (Heidelb). 2014 Jun;4(1):103-14. doi: 10.1007/s13555-014-0041-6. Epub 2014 Jan 17.
<3>Rakesh Kalra et al:Use of barbed threads in facial rejuvenation.
Indian J Plast Surg. 2008 Oct; 41(Suppl): S93–S100.
<4>Sulamanidze M et al:Facial lifting with APTOS Threads. International Journal of Cosmetic Surgery and Aesthetic Dermatology.

【関連記事】
【医師解説】「糸のリフトはやってはいけない手術」は間違い!糸リフトの効果と安全性
【医師解説】ハッピーリフト(糸のリフトアップ治療)の5の効果・6の注意点・まとめ
【医師解説】スレッドリフトの満足度・合併症・リスク・肌質改善効果の真実。
【医師解説】大人気若返り治療!糸のリフトアップ治療で聞かれる10の質問。
【医師解説】糸リフトの顔のたるみ治療は安全?糸リフトの後遺症とダウンタイムまとめ

関連記事