美肌・若返り

【医師解説】目の下・唇にはレスチレン!レスチレンの効果と持続と疑問点。

「しわ改善でヒアルロン酸注入をしたい。」
「ヒアルロン酸注入でレスチレンを受けたけど、どんな製剤だったのかな?」
「しわ治療でレスチレンを受けてみたい。」

そのような疑問・質問を持っている方は少なくありません。
そのため、今回レスチレンについてよくある疑問・質問についてまとめていきます。

ヒアルロン酸とは?

ヒアルロン酸は元々肌にある物質であり、それを注入剤としてつくられた製剤です。
そのため、ヒアルロン酸は大まかに言えばfillerと呼ばれます。
fillerとは注入剤のことです。
注入することによってボリュームを出してほうれい線や口角のしわをうめて消したり、鼻やアゴに注入して鼻を高くしたり、アゴをシャープにしたりして形成します。(※)
なお、ヒアルロン酸製剤の種類は国内だけでも数十種類もあります。

(※)詳しくは【医師解説】失敗しないヒアルロン酸注入の全ての知識。効果・7つのリスク・製剤種類

レスチレンの効果

レスチレンは粒子が小さくソフトな仕上がりに優れています。
凸凹・しこりのリスクが極めて少ないです。
そのため、しわ改善からなめらかなボリュームアップに適しています。

レスチレンの効果持続期間

効果持続は最大12ヶ月というデータがありますが、実際にはそこまでの持続はありません。<1><2>
もちろん、そこまで持続することもないわけではありませんが、効果持続期間は平均的には「4〜6ヶ月間」と考えた方が良いですね。
なお、ヒアルロン酸注入を繰り返した方は効果持続期間が長くなっていきます。
数回繰り返すと最大で12ヶ月効果持続する可能性もあります。

レスチレンの安全性

レスチレンは、
ヨーロッパでCEマークを取得(1996年)
アメリカでFDA承認を取得(2003年)
厚生労働省承認(2015年)
であり世界でもっとも使用されているヒアルロン酸製剤です。
なお、130種類以上あるヒアルロン酸製剤の中でも日本の厚生労働省の認可・承認をクリアしている製剤は
・レスチレン
・パーレーン
・ジュビダーム
のみです。(2017年現在)
レスチレンは高い安全性が確認・証明されていると言えます。

レスチレンの適応部位

・額
・こめかみ
・眉間
・ホホ上
・ホホ骨下
・ほうれい線
・口角
・涙袋
・目の下
・目の上
・眼窩縁
・目尻
・口唇
・口唇上
に適しています。
お顔のほとんどの部位に適しています。

逆に適していないのが
・鼻
・アゴ
ですね。
硬く・シャープな仕上がりが必要な鼻・アゴは適してないと言えます。
鼻・アゴであれば同じシリーズのパーレーンの方が良いでしょう。

レスチレンに特に適した部位

レスチレンは柔らかくなめらかな製剤です。
そのため、「目周り」「唇」に特に適しています。
例えば、目の下のクマがある方にクマを消すためのヒアルロン酸注入は凹凸のリスクも少なく非常に適してます。
まぶたの上も皮膚が薄いためレスチレンが良いでしょう。
唇も柔らかくアヒル口にしたりボリュームアップしたりするのにとても適しています。

レスチレンの痛み

注入ですので痛みがあります。
これは一般的なヒアルロン酸製剤と同様なチクッとする程度の痛みです。
また、当日ジンジンする程度の痛みが出たりする場合もあります。
なお、激痛が出ることはありませんのでご安心下さい。

レスチレンの腫れ・内出血

レスチレンはヒアルロン酸製剤なので注入による腫れ・内出血が多少あります。
腫れはそんなに気にならず直後で完成で満足されることが多いですが、平均的には1週間で10%程度ボリュームが減少します。
なお、内出血は出ないことの方が多いですが出てしまった場合は1〜2週間かけて吸収されてなくなります。

レスチレンのリスク

レスチレンはヒアルロン酸製剤のためヒアルロン酸にまつわるリスクがあります。
血流障害によって皮膚を栄養している血管が閉塞することによって皮膚にダメージが出てしまいます。
血流障害のリスクが1万人に1人であり滅多に起きませんがリスクはゼロではありません。
また、ヒアルロン酸注入によってヒアルロン酸が感染してしまうことも稀にあります。
いずれにせよそのような場合は溶かす注射(ヒアルロニダーゼ)をする必要があります。
そのため、ヒアルロン酸注入は手軽ですが信頼できる医師を選んだ方が良いでしょう。

レスチレンの料金

1本3〜6万円というクリニックが多いでしょう。
価格的にはヒアルロン酸製剤の中では安い方になりますね。
厚生労働省未認可の激安ヒアルロン酸製剤<レスチレン<ジュビダーム
というのがざっくりとした価格帯ですね。
(厚生労働省未認可であっても優れた製剤はあります。)

レスチレンでよく聞かれる12の質問

以下がレスチレンでよく聞かれる12の質問となります。

Q1 レスチレンは安全ですか?

レスチレンはアメリカのFDA認可、日本の厚生労働省の認可を取得している数少なくヒアルロン酸製剤です。
そのため、安全性は非常に高いと言えます。

Q2 レスチレンは1年くらい持続することはありますか?

通常、レスチレンは4〜6ヶ月で吸収されてなくなります。
ただ、ヒアルロン酸注入は繰り返すことによって効果持続期間が長くなっていきます。
そのため、2,3回の注入をしてからであればレスチレンでも1年くらい効果が持続することもあります。

Q3 昨日、目の下にレスチレンを注入してもらいました。
少し量が多い気がします。
腫れが引けばなじみますか?

昨日、目の下にレスチレンを注入したんですね。
平均的には1週間以上経過すれば10%くらいボリュームが減少しなじみます。
そのため、まずは1週間以上様子をみた方が良いと思います。
1週間以上様子をみて仕上がりが気になれば担当医を受診しましょう。
場合によっては溶かす注射(ヒアルロニダーゼ)をする場合があります。

Q4 涙袋のレスチレンを受けました。
仕上がりが気に入らないのですが、溶かす注射でなくなりますか?

涙袋のレスチレンを受けたんですね。
仕上がりが気に入らないのであれば、溶かす注射(ヒアルロニダーゼ)で溶かすことが可能です。
ヒアルロニダーゼを注射すると当日にはほとんど溶けます。
1週間経てば溶かす注射が完成です。

Q5 ほうれい線にレスチレンの注入をしてもらいました。
溶かす注射をした場合は、次のヒアルロン酸注入はいつ頃可能ですか?

溶かす注射(ヒアルロニダーゼ)をした場合は溶かす活性が最低1週間は持続しています。
そのため、次のヒアルロン酸注入は最低1週間以上あけてからした方が良いでしょう。

Q6 半年前にほうれい線にヒアルロン酸注入をしました。
仕上がりが気に入らず、今回レスチレンの注入をしたいと考えています。
ヒアルロン酸製剤の種類が違いますが大丈夫でしょうか?

基本的にはヒアルロン酸製剤の種類が違っていても問題ありません。
今回レスチレン注入しても大丈夫です。
ご安心下さい。

Q7 目の下のくぼみであればどんなヒアルロン酸注入が良いでしょうか?
レスチレンは良いですか?

目の下は通常凹凸しやすいため滑らかな仕上がりのヒアルロン酸製剤が望ましいです。
そのため、目の下のくぼみ治療であればレスチレンが良いです、オススメです。

Q8 鼻を少し高くしたいです。
レスチレンを鼻に注入することはできますか?

レスチレンは柔らかい製剤です。
そのため、鼻を高くするために注入した場合は横に広がってしまい鼻根部が太くなってしまうリスクがあります。
レスチレンシリーズのパーレーンの方が硬いため適していると言えるでしょう。
鼻にオススメなヒアルロン酸製剤は、パーレーン、クレヴィエルコントア、クレヴィエルプライムです。

Q9 1日前にほうれい線のレスチレン注入を受けましたが、内出血が出てしまいました。
これを早く引かせる方法はありますか?
いつ頃なくなりますか?

1日前にレスチレン注入を受けて内出血が出てしまったんですね。
残念ながら早く引かせる方法はありません。
ただ、1〜2週間かけて吸収されてなくなりますのでご安心下さい。

Q10 昨日、唇にレスチレン注入をしました。
かなり腫れている気がするんですが、これは引きますか?

昨日、唇にレスチレン注入をしたんですね。
唇のヒアルロン酸注入を受けると当日の夜〜数日間腫れてしまうことがあります。
ただ、その場合も1週間待つとかなり腫れが引きボリュームが減少しますので様子をみましょう。1週間以上様子をみて改善がなければ担当医を受診しましょう。

Q11 2ヶ月前に初めてレスチレンを唇に注入しましたがほとんどなくなってしまった気がします。
唇のレスチレンは早くなくなりやすいんですか?

2ヶ月前に唇にレスチレンを注入されたんですね。
唇は動きがかなりある部位ですので早くヒアルロン酸がなくなってしまう傾向があります。
そのため、初めてであれば2ヶ月程度でレスチレンがかなりなくなってしまうことも時々あります。ただ、繰り返し注入していくと持続期間が長くなっていきます。
そのため、次に唇にレスチレンを注入すれば4〜6ヶ月程度の持続が期待できることも十分ありえます。

Q12 3日前に涙袋のレスチレン注入を受けました。
左右差を感じています。
修正は今の時点で可能でしょうか?

3日前に涙袋のレスチレンの注入を受けたんですね。
腫れを考えるとできれば1週間以上待ってから担当医を受診した方が良いですね。
なお、修正方法としては以下の2つの方法があります。
①大きい方に合わせる
小さい方にレスチレンを注入する。

②小さい方に合わせる
大きい方に溶かす注射(ヒアルロニダーゼ)をして1週間以上あけてレスチレンを注入する。

まとめ

以上、レスチレンについてのまとめ・よくある質問でした。
いかがだったでしょうか?
レスチレンは効果・安全性が高く信頼のできるヒアルロン酸製剤です。
特に、「まぶたの上」「目の下」「涙袋」「唇」は特にオススメと言えます。

【関連記事】
【医師解説】世界一硬いヒアルロン酸!クレヴィエルコントアの5つの特徴・注意点。
【医師解説】クレヴィエルの鼻先注入は危険?クレヴィエルでよくある15の疑問。
【医師解説】持続期間が2年間!?ジュビダームビスタボリューマの6つの特徴。
【医師解説】唇のヒアルロン酸注入の効果・注意点・持続・腫れ。
【医師解説】目の下のクマ・たるみのヒアルロン酸注入の効果・9の注意点まとめ。
【医師解説】くぼみ目・上まぶたのヒアルロン酸注入の5つの効果・9の注意点まとめ。
【医師解説】ほうれい線のヒアルロン酸注入の効果・10のリスク・持続・痛み。

【この記事の参考文献】
<1> Narins RS et al. Dermatol Surg 2010; 36(Suppl 3): 1819-1830.
<2> Narins RS et al. Dermatol Surg 2011; 37(5): 644-650.

関連記事