美肌・若返り

【医師解説】肌再生注射!リジュランの8つの効果・5つの注意点。

「目元のシワが気になる。」
「目の下のクマ・シワが気になる。」
「目の肌のハリが最近なくなってきた。」

そんな目元のシワでお悩みの方は決して少なくないと思います。
そこでオススメなのが、リジュランという注入剤です。

そこで、今回はリジュランに関して説明していきます。

リジュランとは?

リジュランは高濃度のポリヌクレオチド成分が配合されている注入剤です。
一時的な補正であるヒアルロン酸やボトックス注入とは異なり注入することによって細胞を活性化させる作用があります。
そのため、若々しく健康な肌となります。

有効成分のポリヌクレオチドとは?

ポリヌクレオチドとはシンプルに言えば細胞のDNAを構成する成分です。
ポリヌクレオチドを注入すると細胞の増殖に好ましい状態を促進します。
組織再生に必要な細胞外マトリックス物質やさまざまな成長(増殖)因子の生成増加を助けます。

3つのリジュラン

リジュランには以下の3つの種類があります。

1 リジュラン

適応部位:顔全体、手の甲、首
特徴:粘度がほど良く高く小ジワや皮膚全体の状態が改善します。

2 リジュランi

適応部位:目尻・目の下のシワ、薄くなった皮膚
特徴:粘度が低く、皮膚状態が改善する

3 リジュランs

適応部位:瘢痕全般、くぼんだ瘢痕
特徴:弾性が高く、ボリュームアップ効果をもたらし長期間持続する

治療回数

2〜3週の間隔で3〜4回治療が一般的には推奨されます。
何回くらいが適切か医師に相談しましょう。

リジュランの8つの効果・利点

リジュランには以下のような8つの効果・利点があります。

1 肌の若返り

老化によって年齢とともに肌のコラーゲンや弾性繊維は減少します。
リジュランを注入するとコラーゲンや弾性繊維を増やす効果があるため肌を若返らせることができます。
また、このコラーゲン・弾性繊維の増加に関しては顕微鏡による組織学的な検査において科学的に証明されています。(動物実験)
<1>

2 肌の水分量の改善

リジュランを注入すると肌の水分量・弾性力が改善するというデータがあります。(※)
水分量を増加させ皮膚の油分と水分のバランスを回復させることにより、肌のキメを改善させます。

※水分量は14.69%改善、弾性力が21.78%改善というデータがあります。
<2>

3 シワ改善効果

シワ改善効果があります。
(リジェランのタイプによっては適応部位が異なります。)

4 長期的な効果

肌の再生力を活性化する治療となりますので、ヒアルロン酸やボトックスなどの一時的な改善と異なり長期的な効果が期待できます。

5 安定した高い効果

リジェランによる目尻・目の下のシワの改善した方の割合が96.7%というデータを出している文献があります。
(4回注射して、1ヶ月後の画像評価、被験者は72名)
<1>
もちろん、効果には個人差がありますが安定した高い効果が期待できます。

6 高い安全性

高い生体適合性があり副作用を起こさないと言われています。
また、ヒアルロン酸注入と同様に安全性に問題がなく有害事象もなかったという文献があります。<1>

7 即効性

注入後すぐに肌が安定し、皮膚深部から即効性が感じられる施術と言われています。

8  ダウンタイムが少ない

注入ですのでダウンタイムがもちろん少ないです。
手軽に治療を受けることができます。

5つの注意点・リスク

リジュランの注入には以下のような5つの注意点・リスクがあります。

1 腫れ

注入ですので腫れのリスクがあります。
顔全体にリジュランを注入する場合は当日は膨疹と言って虫刺されのような腫れが起きます。
しかし、腫れは通常翌日には軽快しますのでご安心下さい。

2 内出血

針を用いる注入ですので内出血のリスクがあります。
しかし、注入に用いる針は30〜34Gと細い針であり内出血のリスクは低いと言えます。

3 痛み

チクチクと痛みがあります。
しかし、細い針なので注入の中では痛みは少ない方であるということが言えます。

4 効果を実感するには回数が必要

注入は3〜4回が推奨されます。
そのため、1回の注入では効果を実感できない場合があります。
何回くらいが適切か医師に相談しましょう。

5 効果には個人差がある

細胞を活性化させる治療ですので効果には個人差があります。

リジュランの論文

2012年に韓国の論文でリジェランが発表されています。
その論文では動物実験と臨床試験のデータがからリジェランの効果・安全性について書かれていました。
<1>

<動物実験>

ネズミの目尻・目の下に注入した実験です。
25匹のネズミを3つのグループに分けました。
1つ目のグループ:リン酸食塩水投与
2つ目のグループ:Yvoire-Hydro(非架橋のヒアルロン酸)投与
3つ目のグループ:リジュラン投与
それぞれの耐久性と効果は顕微鏡・染色によって評価されました
耐久性・炎症反応はリジュランとYvoireで同様でしたが
リジュランの効果は弾性繊維・コラーゲン繊維の増加は最も優れてあり、肌表面の荒さ・シワの深さが著しく異なるという優れた結果でした。

<臨床試験>

72名(女性68名、男性4名)の患者がランダムに片側の目尻・目の下がリジュラン、もう片側がYvoire-Hydro(非架橋のヒアルロン酸)で注入された。
2週間に1回、合計4回治療しました。
全ての注入および評価は同じ二人の医師がおこないました。

<結果は以下の通り>

治療して12週後に写真による評価だと、リジェラン注入した方の改善は95.7%、Yvoire-Hydroは94.3%でした。
(Full analysis setです。)
the improvement ratio on clinical photography at 12 weeks after the treatment of crow’s feet as compared with screening, serving as the primary objective outcome measure, was 95.7% (67/70) in the PRM-001 group and 94.3% (66/70) in the HA filler group.

最後の治療をして2週間後の写真による評価だと、リジェラン注入した方の改善は100%、Yvoire-Hydroは98.7%
4週間後の写真による評価だと、リジェランもYvoire-Hydroも改善は96.7%で同様でした。

(Full analysis setです。)
Two weeks after the final treatment, the investigational group showed 100% (62/62) improvement compared to screening, and the control group showed 98.4% (61/62) improvement. There was no statistically significant difference between the groups (P=0.315). Four weeks after the final treatment, there was 96.7% (59/61) improvement in both the investigational and control groups.

<まとめ>

効果・安全性に大きな違いはなく、有害事象もありませんでした。
リジュランは若返りの新しい注入剤でありシワを軽減させるのに有効であり安全に効果的と言えます。

【参考文献】

【1】 Chang Sik Pak et al A Phase III, Randomized, Double-Blind, Matched-Pairs, Active-Controlled Clinical Trial and Preclinical Animal Study to Compare the Durability, Efficacy and Safety between Polynucleotide Filler and Hyaluronic Acid Filler in the Correction of Crow’s Feet: A New Concept of Regenerative Filler.
J Korean Med Sci. 2014 Nov; 29(Suppl 3).

【2】 長鎖ポリヌクレオチドゲルおよび皮膚の生物学的活性化、Journal of plastic Dermatology 2007;3,3

まとめ

リジェランは安全に効果的に注入した部位を若返らせることができます。
また、その効果は科学的にも証明されています。
そのため、一時的な改善ではなく長期的に安全に手軽に若返る治療を受けたいという方にとっては非常に価値がある治療と言えるでしょう。

関連記事