美肌・若返り

【医師解説】失敗しないヒアルロン酸注入の全ての知識。効果・7つのリスク・製剤種類

美容医療において、近年手術以外のレーザーや注射などの治療が
ダウンタイムもほとんどなく手軽にできるため注目され患者数は増加しています。
その中でも、ヒアルロン酸注入は注入したその瞬間からほうれい線のしわや眉間のしわの改善などの効果が実感でき目にみえるものであるため大人気の治療のひとつです。
そのため、今回美容皮膚科医の視点からヒアルロン酸注入に関してまとめていきます。

ヒアルロン酸とは?

ヒアルロン酸は大まかに言えばfillerと呼ばれます。
fillerとは注入剤のことです。
注入することによってボリュームを出してほうれい線や口角のしわをうめて消したり、鼻やアゴに注入して鼻を高くしたり、アゴをシャープにしたりして形成します。
なお、ヒアルロン酸製剤の種類は国内だけでも数十種類もあります。

ヒアルロン酸注入の流れ

1 医師とカウンセリング

医師と注入したい箇所や必要なヒアルロン酸の本数、リスクなど説明を受けます。

2 料金の説明や同意書の記入など

料金の説明を受け、納得すればそこで同意書等を記入し料金の支払いをします。

3 注入処置

希望の箇所にヒアルロン酸を注入します。
注入するための針を刺す回数は注入箇所の状態・医師のやり方によって異なりますが数回です。
そのため、処置室にて数分で処置は終了します。
(表面麻酔クリームや表面麻酔テープを用いる場合は20〜30分プラスで時間がかかります。)

4 帰宅

終了後にメイクやマスクをして帰宅します。

ヒアルロン酸注入のダウンタイム

注射ですので腫れや内出血のリスクがあります。
ただ、腫れは直後から全然気にならないことがほとんどでしょうが完全になじむまでには1週間程度かかります。
また、製剤にもよりますが2週間程度経過するとボリュームが10%程度減ります。
なお、内出血はある一定の割合で起きてしまいます。
ただ、内出血が起きてしまってもごく小範囲であり1〜2週間で必ず吸収されていきます。
また、注射する部位・箇所によって内出血はマイクロカニューレという鈍針を使用することによってリスクを下げることが可能です。(※)
マイクロカニューレは使用した方が良いケースは多いです。
直後からメイクも可能です。
そのため、当日に予定があっても基本的には問題ない処置であると言えます。

(※)通常の針の先端は先が尖っていて鋭いです。
そのため、血管に刺さってしまうと内出血しやすいですし大きな内出血が起きてしまうこともあります。
しかし、マイクロカニューレは針の先端が丸くなっています。
鈍針と言います。
そのため、血管に刺さったり内出血するリスクが極めて低いと言えます。またヒアルロン酸による血流障害などのリスクを減らすことができるためヒアルロン酸注入に関してマイクロカニューレを使用されることはオススメです。

ヒアルロン酸製剤の種類

ヒアルロン酸製剤は国内だけで何十種類があります。
そして、製剤によってソフトな仕上がり・持ち上げ力・持続力などが大きくことなるため結果として仕上がりに大きく影響します。
例えば、柔らすぎる製剤を使用してしまうと1〜2ヶ月するとほとんど吸収されてしまいますし、硬い製剤だと凹凸のリスクが高いと言えます。
初めての方は効果・安全性・副作用などの調査がしっかりとしている厚生労働省認可の製品を使用すると安全でしょう。
では、ヒアルロン酸製剤をいくつか紹介していきます。

1 レスチレン

レスチレンは世界でもっとも使用されている厚生労働省認可のヒアルロン酸製剤です。
レスチレンは粒子が小さくソフトな仕上がりに優れています。
凸凹のリスクが極めて少ないという利点があります。
額出し・眉間・コメカミ・涙袋・目の下・ゴルゴ・頬下・ほうれい線・口角・口唇上・唇
の注入に適しています。
欠点としては持続期間が短いことです。
3〜6ヶ月間で吸収されてなくなってしまいます。
ただ、価格は安く1本 3〜6万円のクリニックが多いです。

2 ジュビダームビスタ ウルトラ

長期持続性(1年間)・なめらかでソフトな仕上がり・厚生労働省認可などの特徴があります。
額出し・眉間・コメカミ・涙袋・目の下・ゴルゴ・頬下・ほうれい線・口角
の注入に適しています。
価格は1本5〜7万円で決して安くはないですが持続期間は1年間です。

3 ジュビダームビスタ ウルトラプラス

長期持続性(1年間)・硬くしっかりとした仕上がり・厚生労働省認可などの特徴があります。
ゴルゴ・アゴ
の注入に適しています。
価格は1本5〜7万円で決して安くはないですが持続期間は1年間です。

4 ジュビダームビスタ ボリューマ

長期持続性(2年間)・成形成・低吸収性・リフト力が高い・組織親和性が高い・厚生労働省認可などの特徴があります。(※)
また、持続期間も2年間と長いのは魅力的ですね。
コメカミ・ゴルゴ・アゴ
の注入に適しています。
ただ、欠点としては高価格な製剤であり、1本10万円近く費用はかかります。

(※)ボリューマに関して詳しくはこの記事参照

5 クレヴィエル プライム

クレヴィエルプライムは高濃度でありながらソフトな仕上がり持続期間が長い(12〜15ヶ月)という特徴があります。
高い密度がありながらソフトな仕上がりです。
額出し・眉間・コメカミ・涙袋・目の下・ゴルゴ・頬下・ほうれい線・口角
の注入に適しています。
価格は1本7〜9万円のクリニックが多いかと思います。

6 クレヴィエルコントア

クレヴィエルは世界初の鼻・アゴ専用のヒアルロン酸製剤であり、世界一の高濃度・高密度・腫れにくい・安全性が高い・持続期間が長い(12〜15ヶ月)という特徴があります。
ジュビダームビスタウルトラプラスやジュビダームビスタボリューマと比べても2倍以上の密度がある製剤ですのでよりシャープな仕上がりが可能です。
鼻・アゴ
の注入に適しています。
価格は1本7〜9万円のクリニックが多いかと思います。
そのため、シャープな仕上がりを望まれている方にはクレヴィエルコントアが良いでしょう。
クレヴィエルはレディエッセという製剤の仕上がりに最も近いヒアルロン酸製剤でオススメです。(※)

(※)レディエッセに関して詳しくはこの記事参照

7 パーレーン

硬くしなやかな仕上がりができるという優れた特徴があります。
持続期間は6ヶ月程度です。
鼻・アゴ
の注入に適しています。
価格は1本4〜7万円のクリニックが多いです。

8 マクロレーン(VRF20,30)

もともと、豊胸専用のヒアルロン酸として開発されたもので硬さがある仕上がりです。
顔にも使用することが可能ですが、アレルギーの頻度が高く、しこりのリスクも高いためあまり推奨しません。
現在では製造が中止となっていますが、価格が安く使用しているクリニックは多いです。
そのため、診療メニューで「ヒアルロン酸」としか記載されていないクリニックはマクロレーンの可能性があります。

9 ニューラミス

仕上がりがソフト・持続期間がとても短い(1ヶ月程度)という特徴があります。
シワ改善というよりも少しハリを出すという目的に

の注入に適しています。
価格は1本3〜5万円程度でしょう。

10 ビタール

柔らかい・持続期間が短い(1〜3ヶ月程度)という特徴があります。
目の下・唇
の注入に適しています。
価格は1本3〜5万円程度でしょう。

ヒアルロン酸注入の4つのメリット

ヒアルロン酸注入には以下のようなメリットがあります。

1 副作用の心配が少ない。

ヒアルロン酸は肌の中にもともとある成分です。そのためアレルギーなどの副作用が起きる心配などがほとんどありません。

2 即効性がある。

ヒアルロン酸注入は即効性があります。
つまり注入した瞬間にほぼ完成なわけです。
そのため、しわの改善が注入直後に実感できるということが大きな利点でしょう。

3 ダウンタイムがほとんどない。

注射ですので腫れや内出血のリスクがあります。
ただ、腫れは全然気にならないことがほとんどでしょうが完全になじむまでには1週間程度かかります。
また、内出血はある一定の割合で起きてしまいます。
ただ、内出血が起きてしまってもごく小範囲であり1〜2週間で必ず吸収されていきます。
直後からメイクも可能です。
そのため、当日に予定があっても基本的には問題ない処置であると言えます。

4 仕上がりが自然。

 
ヒアルロン酸注入は滑らかで自然にしわが目立たなくなります。
手軽にできて仕上がりが自然ということは大きな魅力ですよね。
 
そんな、魅力的なヒアルロン酸注入ですがリスク・合併症もございます
今回ヒアルロン酸注入の7つのリスク・合併症を紹介していきます。

ヒアルロン酸注入の7つのリスク・合併症

1 痛み。

痛みは注入の時だけです
その後に痛みことは基本的にありません。
(ジンジンする感じの痛みが数時間程度持続する可能性があります。)

2 腫れ・内出血・疼痛。

ヒアルロン酸注入は基本的には腫れや内出血などのダウンタイムはほとんどありません。
ただ、注入後に内出血(青み)、浮腫、軽度の疼痛が現れる場合が稀にあります。
その場合の腫れなども1~2日程度で落ち着くことがほとんどです。
内出血は出てもごく小範囲がほとんどです。
針穴周囲のごく小さな内出血が起きる確率は30人に1人程度、大きな内出血が起きる確率は300人に1人程度です。
内出血が起きてしまった場合は、メイクで隠すことが可能ですが消えるまでに通常1~2週間程度かかります。

3 凹凸・しこり

1ヵ所に多量に注入すると、すぐにシコリ状の隆起となりやすいです。
また、しこりができやすい製剤も実際に存在します。
私の経験上だとマクロレーンはシコリになりやすく、ジュビダームビスタ、レスチレン、パーレーンなどはシコリになりにくいです。
圧迫やマッサージでしこりは軽快する場合が多いですが、ヒアルロニダーゼを注射して分解することも可能です。
なお、ヒアルロニダーゼで溶解した場合は1〜2日でほとんどシコリやヒアルロン酸を溶解でき1〜2週間経過すればヒアルロン酸を再度注入することが可能です。
手軽にヒアルロン酸を溶解できるということは大きな利点ですが1000人に1人くらいの割合でアレルギーが起きるということが注意点となります。

4 長期的には持たない。

ヒアルロン酸は手軽でメリットは大きいですがいずれ分解されてしまい一生は持続しないです。

5 感染。

稀に感染してしまし、赤く腫れて痛みが出てしまうことがあります。
その場合は溶かす薬(ヒアルロニダーゼ)を注射することによって溶かし改善します。

6 アレルギー。

赤く腫れたりしてアレルギー反応が出る場合があります。
3000人に1人の割合で起こるとの報告があります。【1】
なお、このアレルギーのリスクは製剤によっても異なりマクロレーン(VRF20,30)は頻度が多い傾向にあります。
数万人以上に注入してもアレルギーのでない製剤もあります。
そのため、国内で承認されている製剤を使用した方が良いと言えます。
また、アレルギー反応が起きてしまった場合はヒアルロニダーゼで早期に改善しますのでご安心下さい。

7 血流障害

頻度としては非常にまれですが、ヒアルロン酸が血管に入ってしまう事故があります。
ヒアルロン酸による血管の閉塞・血流障害の合併症は1万人に1人の割合で起きてしまいます。【2】
血流障害が起きると、痛み・腫れ・色素沈着などが起きてしまいます。

【血流障害の軽いケース】:色素沈着が数ヶ月間残ってしまいます。
【血流障害の重いケース】:色素沈着が生涯残ります。
【血流障害のさらに重篤なケース】:皮膚壊死、失明が起きます。文献上の報告もゼロではありません。(※)

皮膚壊死は鼻部に生じることが多く、鼻部に向かう動脈の終末枝の閉塞が原因です。
つまり、ほうれい線・鼻・眉間・ゴルゴラインのヒアルロン酸注入は特にリスクがあると言えます。

失明の原因は眼動脈の終末枝である中心網膜動脈の閉塞によります。
つまり、鼻のヒアルロン酸注入において特にリスクが高いと言えます。
2013年のOzturkらの文献検索によるとヒアルロン酸を含む注入で
61例の顔面の動脈閉塞の報告があり、12例が失明であったとされます【2】

そのため、血管の閉塞・血流障害のリスクを限りなくゼロにするためヒアルロン酸注入の際はマイクロカニューレの使用が推奨されます。
(もちろん、マイクロカニューレを使用してもリスクはゼロにはなりません。また、鼻へのヒアルロン酸注入はマイクロカニューレよりも通常の鋭針の方が安全です。)

マイクロカニューレは針の先端が丸くなっているので血管にも入ることなく内出血をきたしにくいです。

(※)ヒアルロン酸注入による重篤な合併症について詳しくはこの記事参照

ヒアルロン酸製剤保管サービスは安全?危険?

一部のクリニックでは一度使用したヒアルロン酸製剤を数ヶ月間の間保管するヒアルロン酸製剤の保管サービスという制度があります。
しかし、そのサービスは利用しない方が良いでしょう。
理由としては感染・アレルギーのリスクが上がるからです。
なぜかといえばヒアルロン酸は一度注入で使用するとなんらかの物質が混入しているリスクがあります。
例えば、ほんの少量の血液が混入したとします。
血液は細菌にとって栄養培地となるため、増殖します。
つまり、ヒアルロン酸を保管している数ヶ月間の間にヒアルロン酸内で細菌が増殖してしまっている可能性があり
保管後にヒアルロン酸注入をして感染してしまう可能性があるからです。
そのため、安易にヒアルロン酸製剤保管サービスは利用しない方が良いと言えるでしょう。

まとめ

ヒアルロン酸注入は手軽で効果が確実に出るため世界中で人気があり需要のある施術です。
しかしリスクはゼロではありません。
施術する医師は解剖学的な知識が豊富であることはもちろんですが、マイクロカニューレを使用することでより安全な施術とすべきでしょう。
そのため、
・解剖的な知識があり
・ヒアルロン酸注入の経験が豊富
・マイクロカニューレの使用経験が豊富
な医師を選ぶと良いと言えます。

【参考文献】
1 Than Trong ED:Injection treatments in cosmetic surgery,Benjamin Ascher ed.,Informa healthcare,London,p.213,2009.
2 Ozturk et al:Complications Following Injection of Soft-Tissue Fillers 2013 The American Society for Aesthetic Plastic Surgery

関連記事