美肌・若返り

【医師解説】ボトックス注射の料金相場は?ボトックス注射の効果と料金と注意点。

ボトックス注射の効果・安全性・注意点・料金相場のまとめです。

「笑った時のシワが気になる!」
「エラのハリを解消したい。」
「脇の汗をストップしたい。」

そんな風に悩んでいる方は少なくないと思います。
このような思いで美容医療クリニックを受診される方は少なくありません。
これらのお悩みには全てボトックス注射が有効です。
今回はそんなボトックス注射に関して美容外科医・美容皮膚科医の視点から詳しくまとめていきます。

ボトックスとは?

ボトックスはボツリヌス菌より産生されるA型ボツリヌス毒素を有効成分とする筋弛緩剤です。
A型ボツリヌス毒素は、末梢の神経筋接合部において神経終末からのアセチルコリンの放出を阻害することにより、神経筋伝達を抑制し、筋弛緩作用を示します。

シンプルに言えば筋肉をリラックスさせて動いた時のシワを改善させる注射薬というわけです。
また、その毒素は無害化されているので安全・安心です。

ボトックス注射の種類は?

ボトックス注射とはアメリカのアラガン社が製造しているボトックスビスタのことを言います。
ボトックスビスタはアメリカのFDAの認可、厚生労働省承認の製剤です。
そのため、その製剤の品質、品質管理、流通経路、安全性などに関して信頼がおけます。
また、ジェネリック医薬品として
・ディスポート(イギリス製)
・ゼオミン(ドイツ製)
・ニューロノックス(韓国製)
があります。
それらのジェネリック医薬品でもボトックスビスタと比べて大きな効果の差はありませんがいくつかの違いがあります。

アラガン社製ボトックス注射と韓国製などのボトックス注射の3つの違い

ボトックス注射において効果・安全性においてアラガン社製のボトックス注射(ボトックスビスタ)の方が優れていると言えます。
理由としては以下の3点です。

1 品質管理・流通経路

ボトックスビスタは温度管理・品質管理が極めて重要であり、常温で長時間保存してしまうとボトックス注射の効果は弱くなってしまいます。
そのため、品質管理・流通経路の厳しい基準をクリアして厚生労働省承認が取得できているアラガン社製のボトックスビスタの方が優れています。
ボトックスビスタは安定的に高い効果が期待できると言えます。

2 副作用のデータ公開

アラガン社製ボトックスビスタはボトックス注射における副作用などのデーターの公開および注射後の経過観察・製品調査を詳しく行っているため、厚生労働省承認およびFDA承認が取得できています。
そのため、製品の安全性が高いと言えます。

3 実績が豊富

アラガン社製ボトックスビスタはアメリカ、イギリス、ドイツ、フランス、日本をはじめ世界91カ国で承認されています。
世界中の美容医療分野でボトックスビスタによるボトックス注射の治療が行われておりその症例数は2000万例以上と言われています。
安全性・信頼性が高いです。
<1>

ボトックス注射ができる部位

・額・眉間・鼻根・鼻筋・目尻・目の下・口唇上・顎
(顔面の表情ジワの改善)
・エラ
(小顔にする)
・ガミースマイル改善
(笑った時に上唇が上がりすぎないようにする)
・口角を上げる
(口角を下げる筋肉の働きを弱める)
・マイクロボトックス
(毛穴改善・肌の引き締め)
・脇・手のひら・足の裏
(発汗を抑える)
・ふくらはぎ
(ふくらはぎ痩せ)
・肩
(肩こり・肩を細く・美人肩)
・目のすぐ下
(タレ目)
・小鼻
(小鼻を小さく)

なお、ボトックス注射ができる部位は多くあります。
<2><3>

なぜ、ボトックス注射でシワが改善するのか?

顔の表情筋の動きを止めることによってシワが刻まれるのを防いでくれます。
そのため、動いた時にできるシワが改善します。
また、将来的に動いていない時にできるシワができるのも防いでくれます。
注意点としては、動いていない時に刻まれている小じわに関しては効果が期待できないということです。
なお、効果を実感するには3日〜1週間程度かかります。

なぜ、ボトックス注射で汗が止まるのか?

汗は汗腺から出ます。
汗腺にはエクリン汗腺とアポクリン汗腺があります。
エクリン汗腺は汗の量に関係し、アポクリン汗腺は汗の臭いに関係します。
エクリン汗腺は交感神経支配で、神経伝達物質アセチルコリンが放出され神経終末から汗腺へ発汗の指令が伝達されます。
そのため、ボトックス注射はアセチルコリンの放出を阻害するので、神経から汗腺への指令を遮断することで発汗を抑えます。
つまり、シンプルに言えば
ボトックス注射がエクリン汗腺に作用→汗が止まる・汗が出なくなる
ということになります。
また、汗が止まることによって臭いの広がり・拡散も抑えることができすので臭いもある程度改善します。
なお、効果を実感するには3日〜1週間程度かかります。

なぜ、ボトックス注射で皮膚引き締め効果があるのか?

お顔全体にボトックス注射をするマイクロボトックスという施術があります。
(額だけ、頬だけ、フェイスラインだけ、首だけなど部分的にすることも多いです。)
ボトックス注射は抗アセチルコリン効果があります。
そのため、
1発汗抑制効果
2皮脂抑制効果
3立毛筋弛緩効果

があります。
結果として、皮膚が少し引き締まりタイトニング効果が期待できます。
(ただ、マイクロボトックスの効果には個人差がかなりあります。)
なお、効果を実感するには3日〜1週間程度かかります。

なぜ、ボトックス注射で小顔効果・ふくらはぎ痩せ美脚効果があるのか?

エラやふくらはぎにボトックス注射をすると小顔効果やふくらはぎ痩せ美脚効果があります。
これはボトックス注射による筋肉の廃用性萎縮効果です。
シンプルに言えば
エラの咬筋やふくらはぎの腓腹筋・ヒラメ筋にボトックス注射
→筋肉がほとんど動かなくなる
→筋肉が使われない
→使われない筋肉は細くなる
→エラのハリがなくなり小顔効果、ふくらはぎのハリがなくなりふくらはぎ痩せ美脚効果

ということになります。
なお、小顔効果やふくらはぎ痩せ美脚効果を実感するには3,4週間かかります。

効果の持続期間はどのくらい?

3日〜1週間程度で効果を実感できます。
(最短で48時間後に実感できます。)
ボトックスの効果としては、3~6ヶ月間です。
(4ヶ月間程度のことが多いです。)
半永久的に持続する可能性はありません。
なお、注射する量が多い方が持続期間が優位に長いというデータもあります。
また、持続期間は表情を作るクセや注射方法によっても異なります。

ボトックスはどのくらいの量を注入するの?

ボトックス注射の量は単位(※)で表します。
そして、どの程度の量を注入するかは部位によってまったく異なります。
例えば眉間は12.5単位程度で注入することが多いですが、ふくらはぎは両側で合計400単位くらいまで注入することもあります。
注射部位によってかなり量は異なります。

※単位とはボトックスの注入量を示す独特の数え方です。mlやccでは数えません。(ボトックスは生理食塩水などで溶解してから注射するためです。)

ダウンタイムは?

ボトックス注射は数分もあれば終わります。
しかし、注射ですので腫れや内出血があります。
ただ、腫れは1,2時間程度で気にならなくなることがほとんどです。
直後でも薬の液体の容積分の腫れですので大きく腫れはしません。
また、内出血はある一定の割合で起きてしまいます。
なお、ボトックス注射においては内出血が起きる確率が高い部位と低い部位があります。
内出血が起きる確率は34Gなどの細い針を使用することによって確率を下げることが可能です。(※)

ただ、内出血が起きてしまってもごく小範囲であり1〜2週間で必ず吸収されていきます。
そのため、当日に予定があっても基本的には問題ない処置であると言えます。

(※)針は30〜34Gを使用しているクリニックが多いです。G(ゲージ)とは針の太さの単位です。
数字が大きいほど細い針になります。
そのため、顔の表情筋のボトックス注射であれば34Gの針を使用しているクリニックが良いでしょう。
(エラやふくらはぎのボトックス注射であれば34Gよりも太い30Gや32G針となります。)

ボトックス注射の4つの注意点。

1 痛みがある。

ボトックス注射には痛みがあります。
なお、痛みが弱い方だとクーリングや表面麻酔(※)をすることによって痛みを軽減することが可能です。
(なお、ボトックスを生理食塩水だけでなく、メイロンというアルカリ性の液体で希釈してつくっている親切なクリニックだと浸透圧の痛みは最小限です。)

(※)表面麻酔はリドカインのシールもしくはリドカインのクリームです。貼ったり・塗ったりして20〜30分程度時間が経つと痛みを軽減させる作用があります。針が刺さる時の痛みを軽減させることができます

2 避妊が必要である。 

ボトックス注射の副作用は基本的にはあまりなく安全な注射ですが避妊の必要性があります。
女性で2ヶ月間、男性で3ヶ月間の避妊の期間が必要となります。
胎児にボトックスが移行してしまう可能性がゼロではないからこのような避妊期間が必要です。

3 頭痛・眼瞼下垂・瘙痒感(そうよう感)などの副作用が一時的に起きてしまうことがある。

国内のボトックスビスタの臨床試験において
頭痛(5.8%)、眼瞼下垂(3.2%)、瘙痒感(そうよう感)(4.2%)
が起きたというデータがあります。<4>
この眼瞼下垂に関しては注射テクニックによって回避することができますのでご安心下さい。
また、頭痛・瘙痒感(そうよう感)が出てしまった場合でも通常2,3週間以内に改善します。

4 ボトックス注射で抗体ができ効きにくくなってしまうことが稀にある。

ボトックス注射では抗体ができて効きにくくなってしまうことが稀にあります。
ただ、抗体ができるかどうかは、ボトックス注射の単位数、注入頻度に大きく依存します。
ご安心下さい。
また、3ヶ月以内の同じ部位のボトックス注射はしない方が無難です。

ボトックス注射の料金は?

<顔面の表情シワの場合>

顔面の表情ジワは
額・眉間・鼻根・鼻筋・目尻・目の下・口唇上・顎
になります。
1箇所あたりの料金相場は以下のようになります。
(注射する部位を組み合わせるとクリニックによっては安くなります。)

アメリカ製のボトックス注射の料金相場:1万円〜5万円程度
韓国製のボトックス注射の料金相場:5000円〜3万円程度

<エラのハリの改善(小顔)>

エラのボトックス注射で小顔にすることができます。
顎関節症・歯ぎしり改善目的に行うこともあります。
料金相場は以下のようになります。
(注射する量・単位数によって金額が異なる可能性があります。)

アメリカ製のボトックス注射の料金相場:2万円〜15万円程度
韓国製のボトックス注射の料金相場:1万円〜5万円程度

<ガミースマイルの改善>

ガミースマイルの改善のボトックス注射の料金相場は以下のようになります。
(基本的にはアメリカ製ボトックスビスタだけのクリニックがほとんどです。)

アメリカ製のボトックス注射の料金相場:9000円〜5万円程度

<口角を上げる>

口角を上げるボトックス注射の料金相場は以下のようになります。
(基本的にはアメリカ製ボトックスビスタだけのクリニックがほとんどです。)

アメリカ製のボトックス注射の料金相場:9000円〜5万円程度

<マイクロボトックス>

マイクロボトックスは部位によって料金が異なり、また部位の分け方によっても料金が異なります。料金相場は以下のようになります。
(基本的にはアメリカ製ボトックスビスタだけのクリニックがほとんどです。)

アメリカ製のボトックス注射の料金相場
額+眉間:4万〜6万円程度
目尻:4万〜6万円程度
頬:5〜10万円程度
フェイスライン:5〜10万円程度
首:6〜10万円程度

<脇・手のひら・足の裏の汗止めボトックス>

脇・手のひら・足の裏の汗を止めるボトックス注射です。
料金相場は以下のようになります。
(注射する量・単位数によって金額が異なる可能性があります。)

アメリカ製のボトックス注射の料金相場:4万円〜15万円程度
韓国製のボトックス注射の料金相場:2万円〜6万円程度

<ふくらはぎボトックス>

ふくらはぎのボトックス注射でふくらはぎ痩せをすることができます。
料金相場は以下のようになります。
(注射する量・単位数によって金額が異なる可能性があります。)

アメリカ製のボトックス注射の料金相場:10万円〜20万円程度
韓国製のボトックス注射の料金相場:6万円〜14万円程度

<肩こり・美人肩ボトックス>

肩こりを解消したり、肩をほっそりとするためのボトックス注射です。
(注射する量・単位数によって金額が異なる可能性があります。)

アメリカ製のボトックス注射の料金相場:4万円〜15万円程度
韓国製のボトックス注射の料金相場:3万円〜10万円程度

<タレ目ボトックス>

タレ目っぽくするためにボトックス注射を打つことがあります。
料金相場は以下のようになります。

アメリカ製のボトックス注射の料金相場:2万円〜5万円程度

<小鼻ボトックス>

笑った時の小鼻の広がりを抑えるために小鼻にボトックス注射を打つことがあります。
料金相場は以下のようになります。

アメリカ製のボトックス注射の料金相場:2万円〜5万円程度

ボトックス注射で失敗しない3つの方法。

ボトックスを注射する単位数が多かったり打ち方によっては様々なリスク等があるということを説明してきました。
それでは、そのリスクを回避する方法はあるのでしょうか。
結論から言うと下記の4つの方法によってリスクを回避し安全に注射することが可能です。

1 心配な方はボトックス注射を弱めにしてもらう。

初めてで不安な方や弱め希望の方は注入量を弱めにすることもできます。
(その場合は効果が弱くまた持続期間も短くなります。)
そのため、最初で不安な方は弱めに注入してもらいましょう。

2 注射部位のマッサージは1週間しない。

マッサージするとボトックス注射の成分が広がってしまうことがあります。
そのため、1週間は注射部位のマッサージをしないようにしましょう。

3 同じ医師を指名する。

医師によってボトックス注射の打ち方のクセがあり、医師によって多少効果は異なる可能性があります。。
そのため、同じ医師を指名し続けることによってリスクを低くすることが可能です。

ヒアルロン酸注入とボトックス注射の違いは?

ボトックス注射は動いた時にできるシワ(動的シワ)に効果があります。
一方でヒアルロン酸注入は動いていない時に刻まれているシワ(静的シワ)に効果があります。
そのため、表情をつくっていない時に刻まれている深いシワがある場合はヒアルロン酸注入をした方が良いでしょう。
ヒアルロン酸注入をした場合の改善できる期間は製剤の種類によって異なりますが長くても1年間程度です。(※1)
また、ボトックス注射とヒアルロン酸注入を同時に併用することも可能です。(その場合はヒアルロン酸注入をした後にボトックス注射をします。)
なお、FGFなどの成長因子やPRPを数回注射していくことによって改善させていく場合もあります。(※2)

(※1)ヒアルロン酸注入に関して詳しくはこの記事参照。
【医師解説】失敗しないヒアルロン酸注入の全ての知識。効果・7つのリスク・製剤種類
(※2)成長因子注射に関して詳しくはこの記事参照。
【医師解説】成長因子注射の4つの効果・4つのリスク・持続まとめ。

医師・クリニックの選び方。

選ぶべき医師・クリニックのポイントは以下の3点でしょう。
(もちろん、予算・価格なども大切だと思います。)

1 ボトックスビスタ認定医を取得していること。

ボトックスビスタを製造しているアラガン社のボトックスビスタ認定医制度があります。
ボトックスビスタ認定医は講習とテストにより簡単に取得できるものではありますが、少なくとも最低限の知識があるということが分かります。そのため、ボトックスビスタ認定医かどうか確認しましょう。

2 ボトックス注射を年間100症例以上の経験のある医師を選ぶ。

ボトックス注射は1箇所あたり0.05ccなど非常に細かく注射していきます。
そのため、注射の技術を維持するには経験が必要です。
最低でも年間100症例以上の経験のある医師を選びましょう。

3 専門の美容外科・美容皮膚科クリニックで受ける。

専門の美容外科・美容皮膚科クリニックは症例数が多いため経験豊富な医師が在籍しています。
豊富な症例があるため万が一の時も安心です。
(例えば大手美容外科クリニックでは1人の医師が年間1000症例以上ボトックス注射をしていることなどは一般的です。)

まとめ。

ボトックス注射は世界でもっとも行われている美容治療です。
シワ改善で若返りから小顔治療、多汗症治療まで様々な治療が可能です。
そして、リスクも少なく手軽に数分もあれば終わる注射で、将来的なシワ予防にもなります。
ボトックス治療は悩んでいる方は受ける価値が十分にある治療と言えるでしょう。

【今回の記事の参考文献】
1)The American Society of Plastic Surgeons: Plastic Surgery Procedural Statistics[Accessed 26 March 2016]
2)Upper- and mid-face anti-aging treatment and prevention using onabotulinumtoxin A: the 2010 multidisciplinary French consensus – part 1
Herve Raspaldo, MD,1 Martine Baspeyras, MD,2 Philippe Bellity, MD,3 Jean-Marie Dallara, MD,4 Veronique Gassia, MD,5 Francois-Rene Niforos, MD,6 & Lakhdar Belhaouari, MD5
and the Consensus Group*
3)Lower-face and neck antiaging treatment and prevention using onabotulinumtoxin A: the 2010 multidisciplinary French consensus – part 2
Herve Raspaldo, MD,1 Francois-Rene Niforos, MD,2 Veronique Gassia, MD,3 Jean-Marie Dallara, MD,4 Philippe Bellity, MD,5 Martine Baspeyras, MD,6 Lakhdar Belhaouari, MD,3
& the Consensus Group*
4)ボトックスビスタ添付文章

関連記事