顔の整形

【医師解説】鼻のレディエッセ注射は危険!?レディエッセでよくある20の質問。

「鼻のレディエッセ注射がしたい。」
「レディエッセって安全なのか知りたい。」
「レディエッセとヒアルロン酸って違うの?」

など、レディエッセの注入に関する対して疑問・質問を持っている方は少なくありません。
そのため、今回レディエッセに関してよくある20の質問についてまとめていきます。

そもそもレディエッセとは?

レディエッセは注入剤としてつくられた製剤であり大まかに言えばfillerと呼ばれます。
fillerとは注入剤のことです。
成分は「カルシウムハイドロキシアパタイト」と言って骨の成分に近いです。
注入剤として有名なヒアルロン酸と異なりレディエッセは溶かす薬はありませんが、徐々に体内に吸収されていき100%生体分解性があります。
また、レディエッセはFDA(米国食品医薬品局)を取得しています。
FDAは日本の厚生労働省にあたり、高い安全性が確認されていると言えまたレディエッセ注入は安全で満足度が高いというデータもあります。
<1>

レディエッセの効果

アゴをシャープにしたりホホを高くしたりすることに優れた安全な製剤です。
シャープでしっかりとした仕上がりが期待できます。

レディエッセのもち・効果持続期間

12~18ヶ月間効果が持続すると言われています。<1>
一般的なヒアルロン酸注入の持続期間の6ヶ月間と比べると持続期間は長いです。

レディエッセの注意点

溶かす注射がないという点です。
これはヒアルロン酸とは決定的に異なる点となります。

レディエッセでよく聞かれる20の質問

以下がレディエッセでよく聞かれる20の質問・疑問となります。

Q1 1ヶ月前に鼻にレディエッセ注入をしました。
仕上がりが気に入らないのですが、溶かすことはできますか?

レディエッセは溶かす注射がありません。
そのため、仕上がりが気に入らない場合の対処法は以下の3点になります。
1 吸収されるのを待つ。
2 ヒアルロン酸注入で修正する
3 レディエッセをかきだす手術をする。

(詳しくは【医師解説】レディエッセを溶かしたい・取り出したいと思った時の3つの対処方法。
いずれにせよ仕上がりが気に入らない場合の修正は難しい場合が少なくありません。
そのため、担当医に相談しましょう。

Q2 3ヶ月前にアゴにレディエッセ注入をしました。
今度はヒアルロン酸の注入にしようと思っています。
レディエッセの後のヒアルロン酸注入は可能でしょうか?

レディエッセの後にヒアルロン酸注入をすることは可能です。
問題ありません。
ただ、レディエッセ注入をされているとヒアルロン酸が入るスペースがあまりないことも時々あります。
そのため、ヒアルロン酸が十分に入りそうかどうか医師の診察を受けましょう。

Q3 2日前にアゴにレディエッセを注入しました。
少し左にアゴが曲がっている気がします。
これの修正は可能ですか。

2日前にアゴにレディエッセ注入をされてアゴが曲がっている気がするんですね。
その場合は2つ解決方法がありますので担当医に相談しましょう。

① 1週間以上様子を見る
注入後は腫れがあります。
レディエッセ注入の場合はジェルが吸収されるため1週間程度経過すると10%程度ボリュームが減少します。
そのため、微妙な左右差であれば最低1週間以上様子をみた方が良いと言えます。

② 再注入してもらう
明らかな左右差・曲がりがあるのであればこの時点で再注入して修正してもらった方が良いでしょう。

Q4 鼻にレディエッセ注入を2週間前にしました。
仕上がりは問題ありません。
ただ、レディエッセの事故のニュースを先日見たんですが私は大丈夫でしょうか?

2週間前にレディエッセ注入をされたんですね。
まず、レディエッセで報告されている事故は注入による血流障害によるものです。
血流障害は基本的に注入した瞬間、直後に起きます。
注射した直後から目の違和感・吐き気・眼痛などの症状が出ます。
そのため、2週間前にレディエッセを注射した人や1年前にレディエッセを注射した人に失明などの血流障害が起きることはありえません。
遅発性の圧迫による血流障害が起きる確率もありますがその場合も当日の夜か翌日です。
そのため、2週間以上経過しているのであればまったく大丈夫です。
ご安心下さい。

Q5 鼻にレディエッセ注入をしたいんですが、取り扱っているクリニックがとても少ないです。
私が以前受けたクリニックも取り扱いを中止していると聞きました。
鼻のレディエッセ注入は安全ではないのですか?

鼻のレディエッセ注入はしない方が良いということが言えます。
ヒアルロン酸やレディエッセ注入による血管閉塞の合併症、失明や皮膚壊死は1万に1人の割合でおきていると言われています。<2>
そして、万が一の事故が起きてしまった時もヒアルロン酸であれば溶かす注射がありますがレディエッセの場合は溶かす注射がありません。
そのため、レディエッセの製剤自体は安全なんですが、鼻への注入はリスクもあるためやめましょう。

Q6 アゴのレディエッセ注入を考えています。
アゴのレディエッセ注入は安全でしょうか?

アゴであれば血流障害のリスクはゼロに近いため、レディエッセは安全であり良いと言えます。
また、レディエッセであれがシャープで綺麗なフェイスラインをつくることが可能です。

Q7 3ヶ月前に鼻にレディエッセ注入をしました。
鼻のプロテーゼ手術をすることは可能でしょうか?

3ヶ月前に鼻のレディエッセ注入をされたんですね。
鼻のプロテーゼ手術ではシリコンを骨膜下のレディエッセよりも深い位置に挿入しますし手術中にある程度かきだすことも可能ですので基本的に可能です。
問題ありません。
ただ、鼻の状態によってはもう少しレディエッセが吸収されてからの方が良い場合もありますので医師に相談しましょう。

Q8 3ヶ月前にアゴにレディエッセ注入をしました。
アゴのプロテーゼ手術をすることは可能でしょうか?

3ヶ月前にアゴのレディエッセ注入をされたんですね。
アゴのプロテーゼ手術ではシリコンを骨膜下のレディエッセよりも深い位置に挿入しますし手術中にある程度かきだすことも可能ですので基本的に可能です。
問題ありません。
ただ、アゴの状態によってはもう少しレディエッセが吸収されてからの方が良い場合もありますので医師に相談しましょう。

Q9 唇にボリューム・はりを出したいです。
ヒアルロン酸注入をしたこともありますが、すぐになくなってしまい長持ちする治療を受けたいです。
唇にレディエッセ注入は可能でしょうか?

唇へのレディエッセの注射はしこり・肉芽種・結節ができてしまうリスクがありあまり推奨されていません。<1>
しない方が良いでしょう。
個人的にはレディエッセ注入は「アゴのみ」が良いと考えています。

Q10 アゴにレディエッセ注入をしてシャープなフェイスラインにしたいと考えています。
アレルギーや副作用・リスクはありますか?

アゴの場合のレディエッセ注入はとても安全ですしシャープなフェイスラインをつくることが可能です。
そして、アレルギーなどの副作用のリスクもないと言われています。<1>
また、アゴであれば血流障害などの合併症のリスクもほぼゼロです。
そのため、リスクとしては注入による腫れ・内出血や左右差くらいでしょう。
ご安心下さい。

Q11 昨日アゴにレディエッセ注入を1ccしました。
注入量が多すぎたと感じています。
腫れが引いたら全然変わりますか?

アゴにレディエッセ注入をされたんですね。
まず、レディエッセは1週間以上経過するとジェル成分が吸収され10%程度ボリュームがダウンします。
1ccの注入は通常の一般的な注入量ですので、注入量が多すぎたと感じていても1週間以上待てば改善して気にならなくなる可能性も十分あります。
そのため腫れが引くまで待ちましょう。
1週間以上様子をみて経過が心配であれば医師の診察を受けましょう。

Q12 鼻にレディエッセ注入を3日前にしました。
内出血が出ていてまだ消えていません。
どのくらい待てば内出血は消えますか?
また、内出血を早く引かせる方法はありませんか?

3日前にレディエッセ注入をされて内出血が出てしまったんですね。
内出血は1〜2週間かけて吸収されてなくなります。
ただ、残念ながら内出血を早く引かせる方法はありません。
必ずなくなるものですし様子を見ましょう。

Q13 アゴのプロテーゼ手術を1年前にしました。
もう少しアゴを前に出したいと考えています。
アゴにレディエッセ注入をすることは可能でしょうか?

アゴにプロテーゼが入っていてさらに前に出したいんですね。
その場合は一番良いのはプロテーゼの入れ替えでしょう。
ただ、アゴにレディエッセ注入は皮下のスペース次第なのでできる場合とできない場合があります。できれば感染などのリスクも考えてヒアルロン酸の方が良いと言えます。
いずれにせよ注入可能かどうかアゴの状態を医師に診察してもらった方が良いでしょう。

Q14 レディエッセの安全性について知りたいです。
インターネットのニュースでレディエッセの事故を見ました。
国内承認薬でないと書いてありました。
安全性は問題ないのでしょうか?

まず、レディエッセの製剤自体は溶かす注射がないという欠点はありますが、FDA認可(※)も取得していて安全性に関しては問題ない製剤です。
副作用もなく安全な製剤です。
しかし、国内承認薬ではないというのは事実です。
ただ、逆に国内承認薬は数あるヒアルロン酸製剤の中でも、レスチレン、パーレーン・ジュビダームしかありません。(2017年現在)
そして、多くの美容外科クリニックでは国内承認薬ではないヒアルロン酸製剤が広く用いられています。
国内未承認のヒアルロン酸製剤も安全で良い製剤が多いです。
そのため、「国内承認薬でない」=「安全でない」とは言えません。
レディエッセを鼻に注入することは私個人の考えとしてはリスクもあるため推奨しませんがアゴなどの部位であれば良い選択肢だと考えられます。

(※)FDAは日本の厚生労働省のようなところでFDA認可を取得していれば高い安全性があると言えます。

Q15 レディエッセのもちは平均でどのくらいでしょうか?
私は6ヶ月前にアゴのレディエッセ注入をしたんですがもうほとんどなくなってしまった気がします。

レディエッセの効果は持続期間は12〜18ヶ月間です。
そのため、1年間くらいは効果を実感される方が多いですね。
(もちろん分解のスピードには個人差がありますので人によっては早く吸収されてしまうこともあるのも事実です。)
ただ、6ヶ月前ということですのでおそらく半分程度吸収されて高さが減ってしまったのでほとんどなくなったと感じていると思われます。
いずれにせよ、ボリュームがほとんど減った感じがするのであれば再度注入すると良いかもしれませんね。
医師に相談しましょう。

Q16 レディエッセは完全に吸収されますか?
残ったりしないでしょうか?

100%生体分解性なので吸収されてなくなります。<1>
残ることはありません。
ご安心下さい。
ただ、一部が石灰化してしまい長期的に残ってしまうことも時々あります。

Q17 鼻先にレディエッセ注射をすることはできますか?
危険でしょうか?

鼻先へのレディエッセ注射はしない方が良いでしょう。
これは、レディエッセだけでなくヒアルロン酸の場合も同様です。
血流障害のリスクがありますし、時間が経てば流れてしまうリスクもあります。
個人的には鼻には鼻根部にヒアルロン酸注入だけにしておいた方が良いという意見です。

Q18 1ヶ月前にレディエッセの注入をアゴにしました。
再注入はできますか?

1ヶ月前にアゴにレディエッセ注入をされたんですね。
通常は再注入は6ヶ月以上経ってからする場合が多いですが、アゴにスペースがあれば1ヶ月後の時点でも再注入は可能です。
そのため、再注入可能か医師に診察してもらいましょう。

Q19 ナチュラル希望でアゴのレディエッセ注入を受けました。
注入量は0.7mlと言われたんですが、これは少ない方でしょうか?

ナチュラル希望だったんですね。
診察してみないと正確なことは言えませんが、アゴのレディエッセ注入においての注入量の目安は以下のようになります。
0.1〜0.5:かなり少なめ
0.5〜1cc:ナチュラル
1cc〜1.5cc:しっかり、多め
1.5〜2cc:通常入れることはない多い注入量
そのため、0.7mlは少ない量ではありませんがナチュラルな量としてちょうど良いと思います。

Q20 アゴにレディエッセ注入を考えていますが痛みが心配です。
アゴのレディエッセ注入は痛いですか?

レディエッセは硬い製剤ですので麻酔なしで注入した場合はヒアルロン酸よりも痛みが少し強いです。
そのため、レディエッセの注入をする直前に局所麻酔の注射をしてもらった方が良いと言えます。
局所麻酔を少量注射する分には仕上がりに影響しませんし痛みを最小限にして処置を受けることが可能です。

まとめ

以上、レディエッセでよく聞かれる質問・疑問についてのまとめでした。
いかがだったでしょうか。
私個人的な意見としてはレディエッセ注入はアゴだけにしておいた方が良いというものです。
ただ、もちろん医師によって見解は分かれる点もあるかと思います。
そのため、事前にリスクを十分に聞いて納得した上であれば他の部位への注入も選択肢としはありでしょう。

【関連記事】
アゴをシャープに!医師が教えるアゴのレディエッセ注入が人気な5つの理由。
【医師解説】レディエッセを溶かしたい・取り出したいと思った時の3つの対処方法。
【プチ整形で失明】レディエッセ注入でなぜ失明・失敗が起きるのか?
世界で2例!なぜヒアルロン酸・レディエッセ注入で脳梗塞が起きるのか?
【医師解説】プチ整形で鼻を高く!鼻のヒアルロン酸注入でよく聞かれる10の質問。
【医師解説】顎プチ整形の疑問!顎のヒアルロン酸注入でよく聞かれる15の質問

【今回の記事の参考文献】
【1】 Jacovella PF et al:Use of calcium hydroxylapatite (Radiesse) for facial augmentation.
Clin Interv Aging. 2008;3(1):161-74.
【2】Ozturk et al:Complications Following Injection of Soft-Tissue Fillers 2013 The American Society for Aesthetic Plastic Surgery 

関連記事