顔の整形

【医師解説】鼻整形の疑問!鼻手術でよく聞かれる30の質問まとめ。

「スラッとした鼻筋に憧れる。」
「スッキリとした鼻にしたい。」
「鼻を高くしたい。」

そのような思いを持っている方は少なくありません。
しかし、鼻手術においては
・いつ頃に完成するのか?
・仕上がりが納得いかない場合はどのくらいの期間待った方が良いのか?
・プロテーゼ手術後に鼻をぶつけて大丈夫か?
・傷跡が気になった場合はどうすれば良いか?
などの疑問を感じている方は少なくありません。

そこで今回鼻手術に関してのよく聞かれるQ&Aをまとめていきますので鼻手術を考えている方はぜひ読んで頂ければと思います。

鼻手術とは?

鼻手術は
・小鼻縮小術切開法
・小鼻縮小術内側法
・小鼻縮小術flap法
・鼻先修整術
・鼻先修整術(軟骨移植)
・鼻中隔延長術
・シリコンプロテーゼ隆鼻術
・自家組織隆鼻術
・切らない鼻先修整術
・切らない小鼻縮小術
・切らない鼻中隔延長術
など様々な術式があります。
今回は鼻手術全般に関してのよく聞かれる質問をまとめていきます。

鼻手術でよく聞かれる30の質問

下記が鼻手術に関する30の質問と答えのまとめになります。

Q1 2週間前に鼻先修整を含む複合的な鼻手術をしました。
仕上がりが気に入りません。
やり直しはいつ頃した方が良いでしょうか?

2週間前に鼻先修整を含む複合的な鼻手術をされたんですね。
腫れは、1〜2週間で50%程度、1ヶ月間かけて腫れがほぼ完全に引いてきます。
また、3ヶ月まで組織は縮んでいき、半年で緩むという経過をたどります。
そのため、もし修正(やり直し)をするにしても最低3〜6ヶ月は様子を見た方が良いと思います。

Q2 鼻プロテーゼを抜去後の3日後に温泉に行きました。
少し鼻先が痛い気がするんですが感染してしまっている可能性はありますか?

プロテーゼを抜去してそのあと温泉に行かれたんですね。
通常、プロテーゼが挿入されていれば人工物が入っている状態ですので感染のリスクはあります。
そのため、プロテーゼを抜去している状態であればほとんど感染のリスクはございません。
プロテーゼを抜去するときに鼻の穴に少し切開を入れて縫合をしていると思いますが、その部位の創部感染をする可能性もなくはないですが非常に稀です。
鼻先の痛みは改善していくと思います。
万が一、強い腫脹・熱感・赤み・疼痛などあれば感染の可能性がありますのでクリニックを受診されると良いと思います。

Q3 1週間前にしたプロテーゼ手術後の鼻の穴の傷跡が気になります。
傷跡は治りますか?

鼻のプロテーゼ手術をされて1週間程度経過したんですね。
手術の痕に関しては3ヶ月まで組織は縮んでいき、6ヶ月で緩むという経過をたどります。
そのため、様子をみれば改善する可能性が高いです。
最低6ヶ月は様子を見た方が良いと思います。

Q4 小鼻縮小の切開の手術を1週間前にしました。
不自然な感じがします。
これは治りますか?

小鼻縮小の手術であれば、手術早期(1週間以内)であれば腫れや内出血の影響で不自然な感じがすることはあります。
あとは、傷の緊張を減らすために小鼻縮小の手術と同時に切らない糸で引き寄せる小鼻縮小の手術をする医師もいます。
そのため、まずは施術を受けたクリニックに同時に糸による小鼻縮小をされたのかどうか確認した方が良いと思います。
(糸による小鼻縮小の場合はその糸を抜糸すれば元の状態に戻ります。)
ただ、いずれにせよ1ヶ月程度経過すると不自然な感じはなくなるでしょう。

Q5 半年前に手術した鼻のプロテーゼ手術しました。
1週間前にプロテーゼがういてきました。
この症状は治りますか?

半年前にプロテーゼを挿入し1週間前からそのような症状が出できたんですね。
骨膜下にプロテーゼを挿入した場合そのような症状が早期に出ることはあまりありませんが、皮下に挿入されていた場合そういった症状が出てきてしまうことがあります。
そのため、プロテーゼの抜去や入れ替えなど今後する必要もあるかと思いますので施術を受けたクリニックを受診した方が良いでしょう。

Q6 鼻中隔延長、鼻尖形成、小鼻縮小手術をして鼻の穴の上側から透明な糸が出ています。
これは放っておいて良いのでしょうか?

鼻中隔延長、鼻尖形成、小鼻縮小をされて鼻の穴の上側から透明な糸が出ているんですね。
それは手術の際に鼻の皮膚を縫合したときの糸でしょう。
吸収性の糸ですので放っておいても1ヶ月以内に通常ポロポロ落ちてとれます。
基本的に問題ありません。
ただ、気になるようであれば1週間以上経過していれば抜糸可能ですので施術を受けたクリニックを受診し抜糸してもらうと良いと思います。

Q7 鼻のプロテーゼは一生もちますか?
安全でしょうか?

プロテーゼは非吸収性で生体内で安定しています。
そのため基本的に一生もちます。

ただ、以下の理由により抜去することになることが稀にあります。
1 感染
2 プロテーゼが動く・曲がる
3 長年の経過で皮膚が薄くなりプロテーゼの輪郭が見える
4 鼻先が赤くなりプロテーゼが露出する
そのため、長期的な安全性を考えるとI型プロテーゼが良いですね。

Q8 プロテーゼI型隆鼻術+鼻尖形成後を2年前に受けました。
しかし、鼻先の丸み・肉厚を解消したいです。
どのような方法がありますか?

2年前に鼻尖形成とI字のプロテーゼを入れる手術を受けたんですね。
そして、鼻先の肉厚・鼻先が丸く大きい事が気になるんですね。

まず、2年前に受けた鼻尖形成がどの程度されているかがポイントになるかと思います。
・軟骨を糸で縫合するだけなのか
・皮下脂肪・軟部組織も切除しているのか
・軟骨移植もされているのか
などが気になるところです。

そのため、今後するとすれば以下の2つの方法でしょうか。
① 鼻尖形成を再度受ける。
鼻先の肉厚・鼻先が丸く大きいようでしたら、切除できる皮下脂肪・軟部組織があるかもしれません。
それらを切除したり軟骨移植をするのは選択肢としてはありでしょう。(2年前の手術の内容次第ですが。)

② BNLSを4回程度受ける。
BNLSを鼻に打つという方法があります。
大きな変化はほとんど期待できませんが、満足される方もある一定の割合でいらっしゃいます。そのため少しの変化でよければBNLSを受けるのも良いと思います。

Q9 オープン法の鼻尖縮小の傷跡修正の後に鼻柱が短く、太くなってしまいました。
これはどうしたら良いでしょうか?
治りますか?

オープン法の鼻尖縮小の傷跡修正の後に、鼻柱が短く太くなってしまったんですね。
まず、どのくらいの時間が経過しているかが重要です。
傷跡修正の術後3〜6ヶ月間くらいすると創部がやわらかくなり落ち着くため印象が変わる可能性はあります。
そのため、まずは6ヶ月間様子をみましょう。

Q10 鼻中隔延長手術を1ヶ月前にしました。
仕上がりに後悔しています。
軟骨を除去したいんですが、どうしたら良いでしょうか?

鼻中隔延長術後、軟骨を除去するのは難易度が高い修正手術となります。
そのため、以下の2点が重要となります。
① 手術から半年以上経過してから修正手術を受けること。
手術から半年経っていないと組織が硬く手術しにくいです。
② 経験豊富で修正の症例写真を提示しながら説明できる医師を選ぶこと。
難易度が高い手術となるため前医よりも優秀な医師を選ぶべきです。

Q11 だんご鼻を解消したいです。
どのような方法がありますか?
また、糸による鼻の施術は溶けない糸でやりますか?
また、何歳からできますか?

まず、
小鼻を小さくしたければ小鼻縮小術
鼻先を細くしたければ鼻先縮小術
鼻を高くしたければ、プロテーゼ、ヒアルロン酸注入、スレッド
があります。
糸による鼻の施術は溶けない糸でやることが多いです。

また、年齢が幼すぎるときに鼻の手術をしてしまうと成長に影響してしまうこともあります。
そのため、できれば16歳以上になってからの手術が無難かなと思います。

Q12 プロテーゼ隆鼻術を5日前に受けました。
鼻の高さを含め仕上がりが気に入りません。
修整はいつ頃できますか?

まだ5日経過したところなんですね。
それは、まだ腫れている時期です。
大きな腫れは1週間程度でひきますが、腫れに関しては1ヶ月間くらいは様子を見た方が良いです。また、万が一修正手術をするにしても3〜6ヶ月は空けた方が良いです。

Q13 小鼻縮小術切開法を2週間前に受けました。
鼻の穴の段差が気になります。
これは治りますか?

痛みや炎症などもなさそうですので考えられる原因としては
1 創部の段差
2 腫れ
だと思います。
いずれにせよ、数ヶ月様子をみた方が良いでしょう。
心配であれば1ヶ月以上経過したところで施術受けたクリニックを受診された方が良いと思います。

Q14 小鼻縮小術切開法を1ヶ月前に受けました。
仕上がりが気に入りません。
これは治りますか?

どのようなやり方でやったかによりますが、6ヶ月くらい経過すると創部が柔らかくなり改善する可能性もあります。
そのため、あと2ヶ月間くらい様子をみて改善しないようであれば施術を受けたクリニックを受診してみてはいかがでしょうか。

Q15 鼻のプロテーゼ抜去は手術してからいつ頃からできますか?

プロテーゼを抜くことはいつでも可能です。
期間を空けなくても大丈夫です。
ただ、抜きたい理由が若干の高さや幅の関係であるならば腫れもありますし3ヶ月間程度様子をみた方が良いとは思います。

Q16 小鼻縮小術は何回受けれるのでしょうか?
15年前に小鼻縮小術切開、8年前に糸の小鼻縮小術を受けました。
また小鼻縮小術を受けたいんですが、可能でしょうか?

鼻の状態を診ないと正確なことは言えませんが、まったく問題なく手術できることも十分にあります。
そのため、カウンセリングを受けてみてはいかがでしょうか。

Q17 6ヶ月前にプロテーゼ隆鼻術をしました。
先日、鼻に猫がぶつかってきました。
軽い痛みがありますが大丈夫でしょうか?
また普通の病院を受診しても良いですか?

安定している時期ですし、軽い痛みであれば問題ないと思います。
長くても数日で軽快するでしょう。
病院に行かなければいけないのは、プロテーゼが曲がったり、動いたり、赤み・熱感・疼痛が出たりしたときです。
その場合は普通の病院では経験がないことがほとんどであり適切な対応が難しいと思いますので美容外科クリニックを受診された方が良いかと思います。

Q18 斜鼻手術は保険適応でしょうか?
何科を受診すれば良いですか?

健康保険を使って治療を受けたい場合は、美容整形外科では保険診療を行っていないクリニックも多いため、まずは形成外科を受診したほうが良いです。

ただし、全ての斜鼻に対して保険が適用されるというわけではなく、あくまでも審美目的ではないということが前提です。
・外傷により生じた斜鼻の修正
・生まれつきで日常生活に支障をきたす斜鼻
であれば保険適応となることが多いですが、斜鼻修正術で保険が適用されるかどうかの判断は医師の裁量によるのが現状です。

Q19 2日前に小鼻縮小術切開法を受けました。
小鼻縮小術切開法の修整手術・再手術はいつ頃から可能でしょうか?

2日でしたらまだ腫れている状態ですね。
微妙な腫れを考えると1ヶ月はあるでしょう。
また、傷跡を含め3〜6ヶ月くらいかけて綺麗になっていきますので経過をみて頂ければ良いと思います。
もし、再手術を受けるとしても6ヶ月以上空けた方が良いと思います。

Q20 プロテーゼ隆鼻術を3日前に受けました。
プロテーゼ隆鼻術でアバターの様になりました。
これは治りますか?

術後3日ですとまだ、腫れていますので
プロテーゼの高さ+腫れ
の影響で高く見えてアバターの様になることは珍しくありません。

ただ、1〜2週間もすれば目立つ腫れはかなりひきます。
そのため、様子をみれば落ち着いてきますのでご安心下さい。

Q21 切らない小鼻縮小術を1週間前に受けました。
つっぱり感が気になります。
これは治りますか?

切らない小鼻縮小術をされたんですね。
通常、切らない小鼻縮小術は1週間程度過矯正といって強い変化が出ます。
時間の経過とともにつっぱり感や違和感が改善していくと思います。
そのため、通常の経過だと思われます。

ただ、切らない小鼻縮小術の抜糸する場合は早い方が良いということもありますので万が一2週間以上様子をみて改善がなければ施術を受けたクリニックを受診し担当医を受診し抜糸も相談した方が良いかと思います。

Q22 鼻のプロテーゼ手術を2週間前に受けました。
運動などは大丈夫でしょうか?

手術から1週間以上経過していればかなり安定している状態と言えます。
2週間経過しているということですので運動、岩盤浴、サウナなどまったく問題ありません。
(最終的な鼻の手術の完成は6ヶ月間ですので、うつ伏せ寝など鼻に外力が強く加わることは6ヶ月間はしない方が良いです。)

Q23 斜鼻修正術を検討しています。
どのような方法がありますか?

斜鼻修正術は大きく簡単に分けると以下のようになります。
・曲がっている部分の鼻の骨を切り形を修正し固定する
・軟骨の位置関係を修正し固定する
・斜鼻の程度が小さい場合は、ヒアルロン酸やプロテーゼの挿入で見た目を整える

健康保険を使って治療を受けたい場合は、美容整形外科では保険診療を行っていないクリニックも多いため、まずは形成外科を受診したほうが良いです。

Q24 鼻のBNLS注射で後遺症が残る

結論から言うと鼻のBNLS注射で100%後遺症の可能性はありません。
ご安心下さい。
後遺症のリスクがゼロでないのはヒアルロン酸やレディエッセの注入の場合です。

Q25 鼻尖修整手術を1週間前に受けました。
鼻先だけ異様に高いです。
これは治りますか?

まず、考えられるのは以下の2つです。

1 腫れの影響
手術1週間でしたらまだ腫れが強くあります。
少なくとも1〜2ヶ月は様子をみた方が良いと思います。

2 Pollybeak変形
鼻尖縮小の施術によって鼻先だけが浮き上がったように高くなり不自然になることがあります。これをPollybeak変形と言います。

いずれにせよまずは様子をみてはいかがでしょうか。
1〜2ヶ月様子をみて改善がなければ施術を受けたクリニックを受診されるのが良いかと思います。

Q26 鼻プロテーゼ手術を23日前に受けました。
鼻に少し痛みがあります。
これは感染でしょうか?

23日前にプロテーゼを挿入されたんですね。
強い痛み・赤み・腫れがないのであれば感染症ではないでしょう。
ご安心下さい。
また、鼻プロテーゼの手術は3〜6ヶ月間かけて創部が柔らかくなっていき完成します。
そのため、万が一それ以上の期間症状が続くようであれば施術を受けたクリニックに行かれた方が良いかと思います。

Q27 鼻の軟骨移植手術をしましたが、赤み・腫れ・痛みがあり感染したと思います。
しかし、施術を受けたクリニックにすぐには行けません。
近くの形成外科や皮膚科に行った方が良いでしょうか?

感染の可能性が高いですね。
施術を受けたクリニックにできるだけ早く行くことがベストではございますが、それが難しいのであれば、お近くの形成外科や皮膚科クリニックを受診しひとまず抗生剤(クラビットなど。)を処方してもらってはいかがでしょうか。

Q28 小鼻縮小切開法を受けました。
抜糸を本日しましたが、傷口が少し開いています。
これは大丈夫でしょうか?

抜糸の時に数mm開いている状態はよくある経過であり綺麗になることが多いです。
基本的には問題ない経過です。
(もちろん状態によりますが。)
クリニックから処方された軟膏等を塗りながらまずは1ヶ月間様子を見ましょう。
おそらく2週間以内に傷口は塞がっていくと思います。
心配であれば手術から1ヶ月経った時点で一度施術を受けたクリニックを受診してみてはいかがでしょうか。

Q29 鼻手術をするか鼻のヒアルロン酸をするか迷っています。
鼻のヒアルロン酸注入で鼻根部・鼻筋部が太くなってしまうことはありますか?

まず、以下の3点が注意点となります。
1 ヒアルロン酸製剤の選択が重要。
硬い製剤で横に流れにくいものを選びましょう。
クレヴィエルが良いです。
2 6ヶ月以上空けて注入する。
間隔をあまりあけずに注入してしまうと横に広がってしまうことがあるため基本的には6ヶ月以上空けましょう。
3 一度に多量に注入しない。
一度に多量にヒアルロン酸を注入すると横に流れてしまうリスクが高くなります。
そのため、1回の注入量は0.2cc前後が望ましく、多くても0.5ml程度にした方が良いと言えます。

Q30 小鼻縮小術と鼻尖修整術は同時に受けることが多いですか?

小鼻縮小術をして小鼻をスッキリとすると次は鼻先の丸みが気になることは少なくありません。
そのため、ダウンタイムを一度に取ると楽なため同時に受ける方は多いですね。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。
鼻手術に関してよく聞かれる質問および答えをまとめました。
鼻手術をするとお顔の印象を整えることが可能なため人気の施術です。
ただ、リスクもゼロではありませんので手術は慎重に検討しましょう。

【関連記事】
【医師解説】何日間休めば大丈夫?鼻整形のダウンタイム・必要なお休み日数まとめ。
【医師が教える】鼻整形クリニック・医師の正しい選び方。

関連記事