顔の整形

【医師解説】鼻のBNLS注射は効果なし?鼻のBNLS注射の3つの注意点・効果。

「小鼻をスッキリさせたいけど手術はしたくない。」
「鼻先を小さくしたいけど手術はヤダ。」
「鼻をまわりの友人にはバレずに整えたい。」

そんな風に悩んでいる方は少なくないでしょう。
そんな方にオススメなのが鼻へのBNLS注射(脂肪溶解注射)です。
注射なので簡単に行うことができ需要のある施術です。
今回、鼻のBNLS注射について美容外科医・美容皮膚科医の視点からまとめていきます。

BNLSとは?

植物から抽出した成分から主に構成され
①クルミエキス(血管保護作用、血液循環促進)
②サポニン(血行促進、脂肪吸収抑制、コレステロール減少、抗炎症作用)
③チロシン(脂肪分解促進、セルライト減少、ハリ・ツヤを保つ、たんぱく質増生)
を主成分としています。

鼻のBNLSの効果は?

1 脂肪分解
2 リンパ循環改善
3 肌のひきしめ
の3つの作用があります。
そのため、脂肪が少なくなって、ひきしまり、むくみづらくなります。
鼻先に注射することによって少しスッキリとさせる効果があります。

鼻にBNLSは何ccくらい必要?

鼻先・鼻翼には多くの量は入りません。
両側で合計1〜2cc程度であり、合計2ccで施術することが多いです。
3cc以上は必要ありません。

鼻にBNLSは何回くらい必要?

鼻は効果を実感しにくい部位となりますし、効果には個人差があります。
効果を実感するには最低でも3,4回は必要となります。
3,4回注射して、
「鼻がスッキリとした感じを自分では自覚ができるけど写真撮って比較してもほとんど分からない」
というくらいの変化量の方が多いです。

鼻にBNLSのダウンタイム

【腫れ】

直後が腫れのピークです。
3時間くらいすると腫れは70%くらい引き、翌日には完全にひきます。
そのため、当日に予定があっても基本的に大丈夫な注射です。
(ぱっと見の腫れが引くまでに最低3時間以上かかります。)

【内出血】

鼻の場合は滅多にありませんが、内出血が出てしまうことがあります。
出てしまった場合は1〜2週間かけて吸収されてなくなります。

【痛み】

注射の時だけです。
注射が終わった後に痛みを感じることは通常ありません。
(当日はジンジンする程度の痛みを感じる場合があります。)

【メイク・洗顔・入浴】

当日から可能です。
ただ、当日の長時間の入浴は血流が良くなり内出血のリスクが上がるため避けましょう。

【飲酒】

当日は控えましょう。
(脂肪の代謝が弱くなってしまうことがあるからです。)

【鼻のマッサージ】

当日は控えましょう。
翌日から3日程度マッサージした方が効果的です。

BNLS注射の流れ

1 医師とカウンセリング

医師と注入したい箇所、必要なBNLSの本数、リスクなど説明を受けます。

2 料金の説明や同意書の記入など

料金の説明を受け、納得すればそこで同意書等を記入し料金の支払いをします。

3 注入処置

鼻にBNLSを注射していきます。
この時に事前に表面麻酔のテープ(※1)や笑気麻酔(※2)を併用して注射することもあります。
注射する量も少なく、針を刺す回数も両側で4〜6回程度のため処置室にて1〜2分で処置は終了します。

(※1):表面麻酔テープを用いる場合は20〜30分プラスで時間がかかります。針が刺さる時の痛みを軽減することができます。
(※2):吸入による麻酔です。少しうとうとしたりリラックスする効果があります。眠ったり意識を失うような作用はありません。

4 帰宅

終了後に帰宅します。
メイク・洗顔・入浴などは当日から可能です。
翌日から3日間程度、鼻をマッサージした方が効果的です。

鼻のBNLS注射の3つの注意点

1 注射の痛みが強い

鼻は痛みを強く感じやすい部位の一つです。
細い注射針を使用しても注射の痛みは強くあります。
ただ、注射時は痛みがありますが、注射終了後は痛みはありません。
そのため、注射の痛みが不安な方は笑気麻酔や表面麻酔を使用すると良いでしょう。

2 効果が実感できないことがある

鼻は効果が実感しにくい部位です。
効果には個人差があります。
そのため、3〜4回は注射しましょう。
なお、BNLS注射の効果は少しスッキリとするくらいですので
写真でみてハッキリと分かるくらいの変化を望まれる方にとっては鼻のBNLS注射は物足りない結果となってしまうケースが多いです。

3 BNLS・顔やせクイック以外はリスクがある

BNLSや顔やせクイックなどの注射であれば腫れも少なく、鼻に注射するにあたってリスクはありません。
ただ、それ以外の脂肪溶解注射ですと腫れが大きく出てしまうことがあり適応外です。
そのため、鼻の脂肪溶解注射は必ずBNLSおよび顔やせクイックで行いましょう。

鼻のBNLS注射の3つの効果・メリット

1 鼻がスッキリとする

鼻(鼻先・鼻翼)の脂肪を減らし、リンパの流れも良くするため鼻がスッキリとする効果があります。

2 リスクがない

凹凸ができたり、くぼんでしまったりなどのリスクがありません。
リスクがないため安心して施術を受けることができますね。

※妊娠・授乳中、甲状腺疾患のある方、クルミアレルギーのある方などは治療を受けることができません。

3 安全・手軽

注射だけでリスクがないため、手軽に受けることができます。

鼻のBNLS注射以外の4つの鼻プチ整形

鼻のBNLS注射は自分だけに分かるちょっとした変化です。
そのため、切る手術には抵抗があって写真でみて分かるくらいの変化を望まれる方は以下の4つの鼻プチ整形が良いと言えます。

1 ヒアルロン酸注入(鼻根・鼻筋を高くする。)

ヒアルロン酸という注入剤(filler)を用いて鼻を高くすることができます。
効果の持続期間は6ヶ月〜12ヶ月程度ですが、数回施術すると効果持続期間は長くなります。
注射だけで鼻を高くでき手軽で人気な治療ですが、リスクはゼロではありません。
また、鼻先には基本的にヒアルロン酸注入はできません。

※ヒアルロン酸注入に関して詳しくはこの記事参照。
【医師解説】失敗しないヒアルロン酸注入の全ての知識。効果・7つのリスク・製剤種類
【医師解説】失敗しないために知るべき「鼻のヒアルロン酸注入」の3つの注意点・効果
【医師解説】プチ整形で鼻を高く!鼻のヒアルロン酸注入でよく聞かれる10の質問。

2 切らない鼻中隔延長術(フレックスノーズ、Y-KOなど。)

鼻先に吸収性の糸を挿入することによって鼻先を高くすることができます。
安全で手軽に鼻先を高くすることができますが、糸は6ヶ月〜12ヶ月程度で吸収されてなくなってしまいます。
吸収された後も一部の効果は長期的に残りますが、1、2年に1回など定期的に施術すると良いでしょう。

※切らない鼻中隔延長術(フレックスノーズ、Y-KOなど。)に関して詳しくはこの記事参照。
【医師解説】切らない鼻中隔延長術(フレックスノーズorY-KO)の効果・失敗は?

3 切らない鼻先縮小術(1day鼻先縮小術など。)

鼻先(鼻翼軟骨)を糸で結ぶことによって鼻先の余分なスペースをなくし鼻先を細くすることができます。
直後に針穴ができるなどのダウンタイムがありますが
糸を結ぶだけで切らずに鼻先を整えることができるため人気の施術です。

※ 切らない鼻先縮小術(1day鼻先縮小術など。)に関して詳しくはこの記事参照。
切らない鼻先縮小(だんご鼻解消術)で失敗はある?医師か教える切らない鼻先縮小術の全て。

4 切らない小鼻縮小術(1day小鼻縮小術など。)

小鼻(鼻翼)を糸で結ぶことによって小鼻を小さくすることができます。
直後に針穴やツッパリ感があるなどのダウンタイムがありますが、
糸を結ぶだけのため切らずに小鼻(鼻翼)を小さく整えることができるため人気の施術です。

※ 切らない小鼻縮小術(1day小鼻縮小術など。)に関して詳しくはこの記事参照。
【医師解説】切らない小鼻縮小術のダウンタイム・3つのリスクまとめ。

まとめ

鼻のBNLS注射は大きな効果を期待することはできませんが、鼻をスッキリとさせる効果が期待できます。
安全・手軽でリスクはほとんどなく興味のある方は試してみる価値がある施術と言えるでしょう。

【関連記事】
【医師解説】まぶたのBNLS注射は効果ない!?3つの注意点・効果・まとめ。
【医師解説】あご下のBNLS注射は効果ない!?注意点・効果とよくある10の質問
【医師解説】BNLS・顔やせクイックでよく聞かれる14の質問・まとめ。

関連記事