二重・目もと整形

【医師解説】タレ目形成術(グラマラスライン形成)の3つの注意点・まとめ

「タレ目っぽくしたい。」
「目を大きくしたい。」

という希望の方は少なくありません。
そんな方にオススメなのがタレ目形成術(グラマラスライン)です。
今回、タレ目形成術について説明していきますね。

タレ目形成術とは?

タレ目形成術とはグラマラスライン形成や下眼瞼下制術とも呼ばれ目元の目尻側を下の方向に下げます。
優しい印象、可愛らしい印象、柔らかい印象となるため需要のある手術となっております。
タレ目形成術は非切開法と切開法があります。
そのため
・非切開法(結膜切開)のみ
・皮膚切開法のみ
・非切開法(結膜切開)+皮膚切開法
というように手術は大きく分けて3パターンあります。
 

非切開法(結膜切開)のタレ目形成術の流れ

1 デザイン

下まぶたを下げる位置などデザインします。

2 麻酔

結膜に局所麻酔の注射をします。
この局所麻酔の注射をした後以降は基本的に痛みを感じることはありません。
静脈麻酔(※1)や笑気麻酔(※2)を用いることもあります。

(※1)点滴による麻酔で主にプロポフォールを用いることが多いです。使用することで眠った状態で施術を行うことが可能です。また、施術中に仮に痛みを感じたとしても終わった後には忘れています。
(※2)吸入による麻酔です。少しうとうとしたりリラックスする効果があります。眠ったり意識を失うような作用はありません。

3 手術

お顔の表面を切らずに行います。
下まぶたの結膜を切開します。
そして、剥離していきCPFと瞼板を縫合します。
縫合し手術は終了です。

4 帰宅

少し休んでから帰宅です。
当日は安静にしましょう。
洗顔・メイク・入浴は翌日から、1週間コンタクトレンズはNGなどの指示が一般的です。
詳細はクリニックへ確認しましょう。

この手術はお顔の表面に傷ができない、ダウンタイムが短いという利点があります。
ただ、
・元に戻ってしまう可能性
・下のまつげが眼球に入りやすくなってしまう可能性
があります。
そのため、
・非切開法(結膜切開)+皮膚切開法
・皮膚切開法単独
でタレ目形成術を行うケースが少なくありません。

皮膚切開法のタレ目形成術の流れ

1 デザイン

下まぶたを下げる位置、切開するライン、皮膚を切除する幅などデザインします。

2 麻酔

下まぶたの皮膚に局所麻酔の注射をします。
この局所麻酔の注射をした後以降は基本的に痛みを感じることはありません。
静脈麻酔(※1)や笑気麻酔(※2)を用いることもあります。

(※1)点滴による麻酔で主にプロポフォールを用いることが多いです。使用することで眠った状態で施術を行うことが可能です。また、施術中に仮に痛みを感じたとしても終わった後には忘れています。
(※2)吸入による麻酔です。少しうとうとしたりリラックスする効果があります。眠ったり意識を失うような作用はありません。

3 手術

下まぶたの皮膚を切開していきます。
なお、切開するラインはまつげのすぐ下となります。
そして、剥離していきCPFと瞼板を縫合します。
その後に皮膚を切除し、皮膚を縫合していき手術は終了です。

4 帰宅

少し休んでから帰宅です。
当日は安静にしましょう。
洗顔は48時間後からメイクは目元のみ抜糸の翌日から可能、1週間コンタクトレンズはNGなどの指示が一般的です。
詳細はクリニックへ確認しましょう。

5 抜糸

5〜7日後に抜糸をする必要があります。
なお、抜糸の時は糸しか切らないため痛みはあまりありません。
抜糸の翌日から目元のメイクは可能です。

皮膚切開法のタレ目形成は切開するため、お顔の表面に傷はできますがまつげのすぐ下なので最終的にはほとんど分からなくなります。
メリットとしては
・元に戻るリスクが少ないこと。
・下まぶたのたるみも同時に取ることができること。
という点があります。
タレ目形成術の一番スタンダードなやり方と言えます。 

 

皮膚切開法のタレ目形成のダウンタイム

 
腫れや内出血のピークは直後~2日程度です。
内出血は程度の差はありますが基本的には必ず出ます。
痛みは通常ありません。
なお、抜糸が必ず必要で、抜糸は手術から5~7日後となります。
手術から1週間すると腫れは50~60%くらいひきます。
内出血は1〜2週間で吸収されてなくなります。
そのため、
「手術日+抜糸の日まで」の6日間のお休みは最低でも必要です。
腫れ・内出血を考えるとお休みは「手術日+1週間」のできれば8日間あると安心ですね。
 1ヶ月経過すると90%くらい腫れがひき完成に近い状態です。
 (なお、傷跡の赤みは1ヶ月間程度はあります。)
最終的な完成は3~6ヶ月後となります。
 

タレ目形成術の2つの効果・メリット

1 目が大きく見える。

タレ目になることによって白目の見える部分が広くなり目が大きく見えます。

2 かわいい印象になる。

優しい印象、可愛らしい印象、柔らかい印象、甘え上手な印象で魅力的になります。

タレ目形成術の3つの注意点・リスク

1 元に戻ってしまう可能性がある

ある程度元に戻ってしまうことがあります。
特に非切開法でおこなった場合は元に戻ってしまうリスクが高くなります。

2 下のまつげが眼球に入りやすくなってしまう可能性

下のまつげが眼球に入ってチクチクして痛みが出てしまう場合があります。
これは切開法だと起こりませんが、非切開法の場合は起きてしまうリスクがあります。

3 ダウンタイムがある

手術ですので痛み・腫れ・内出血・傷跡などのダウンタイムがあります。
ダウンタイムは切開法の方が長いです。

タレ目形成術と組み合わせると良い手術

1 目尻切開

タレ目形成は目の縦幅を大きくする手術です。
目尻切開は目尻を切開して目尻を外側に伸ばすことによって目の横幅を広げます。
そのため、目尻切開とタレ目形成術を組み合わせると目の横幅を広げつつ下にも広げることができるため効果的と言えます。
なお、目尻切開法を組み合わせてもダウンタイムは同様で変わりません。

※目尻切開法に関して詳しくはこの記事参照。
目尻切開のダウンタイムは?目尻切開のお休みは最短6日で大丈夫。
【医師解説】切れ長で目を大きく!目尻切開でよく聞かれる10の質問 

2 目頭切開

目頭切開は蒙古ヒダと呼ばれる目頭のヒダを取り、目頭を内側に伸ばすことによって目の横幅を広げる手術です。
タレ目形成術と組み合わせると目の横幅を広げつつ下にも広げることができるため効果的と言えます。
なお、目頭切開法を組み合わせてもダウンタイムは同様で変わりません。

※目頭切開法に関して詳しくはこの記事参照。
目頭切開のダウンタイムは?医師が教える目頭切開のリスク・ダウンタイムの全て。
【医師解説】目頭切開の疑問!目頭切開法でよく聞かれる7の質問まとめ。

3 二重埋没法・二重術全切開法

二重埋没法や二重術全切開法をして、二重をつくることによって目を大きく魅せることができます。目の縦幅が上に広くなるということです。
そのため、タレ目形成術と二重埋没法や二重術全切開法を組み合わせることによって目をしっかりと大きくすることができます。

※二重埋没法に関して詳しくはこの記事参照。
二重埋没法は腫れる?医師が教える二重埋没法の全て。
※二重術全切開法に関して詳しくはこの記事参照。
二重術全切開法で失敗はある!?医師が教える二重全切開のリスク・ダウンタイム。

まとめ

タレ目形成術は医師によってやり方が
・非切開法(結膜切開)のみ
・皮膚切開法のみ
・非切開法(結膜切開)+皮膚切開法
というように異なります。
また、それによって効果はもちろんのこと、ダウンタイム・リスクが変わります。
そのため、事前に医師のカウンセリングで自分の理想になるにはどの方法が良いかということについて詳しく説明を受けましょう。

関連記事