二重・目もと整形

目の上のたるみ取りの腫れやダウンタイムは?失敗・リスク・ダウンタイムまとめ。

目の上のたるみは老けてみえてしまうだけでなく、時には視野も狭くなってしまいます。
そのため、目の上のたるみを改善したいということで来院されるお客様は少なくありません。
そんな、目の上のたるみですが上まぶたの皮膚を切り取り縫合する手術(目の上のたるみ取り手術)を受けることによって大きく改善し若返ることが可能です。
今回は美容外科医の視点から目の上のたるみ取り(上眼瞼除皺術)に関して説明していきます。

 

目の上のたるみ取りとは?


 
目の上のたるみ取りは二重のラインに沿って切開していきまぶたの上の皮膚を取り除きます。
 
皮膚を取り除いた後に、止血し、二重のラインの癒着を形成するために中縫いをし、表面を皮膚縫合します。

中縫いの糸は吸収糸であり、皮膚縫合の糸は非吸収糸です。
 
そのため、抜糸が必要となります。
 
なお、

・どの程度皮膚を取り除くか
・内部処理はどの程度すべきか

などはその方の状態によって異なり、医師の施術の仕方にもよります。

また、もともと二重がある方の場合は二重のラインの癒着を形成しなくても二重はできます。

なお、手術時間は40〜60分程度です。
(内部処理をどの程度するかにもよります。)

目の上のたるみ取りのダウンタイムは?


 
直後は麻酔の影響もあり腫れています。
 
腫れのピークは直後です。
 
ただ、腫れは抜糸の時(5~7日後)にはある程度落ち着いています。
 
(50〜60%くらい腫れが引いています。)
 
1ヶ月後には90%くらい腫れはひいて完成に近い状態です。

(内部処理をどの程度するかにもよります。) 

また、内出血はでる場合とでない場合があり、内出血が出てしまった場合は1~2週間かけて吸収されていきます。
 
そのため、「手術日+抜糸の日まで」の合計6日間のお休みは最低でも必要でしょう。

できれば1週間休みたいところですね。
 
(もちろん、お仕事や日常生活は様々な背景があるかと思いますので一概には言えません。経過には個人差があります。)
 
また、傷跡の赤みは1ヶ月間程度はあり最終的な完成には3~6ヶ月程度かかります。
 

目の上のたるみ取りの4つのメリット

1 目の上のたるみ改善。

目の上のたるみで二重のラインに沿って皮膚を取り去ることによって目の上のたるみは大きく改善します。

2 二重のラインがくっきり。

目の上のたるみ取りは同時に二重の癒着も形成します。
そのため、もともと二重がある方の二重のラインをくっきりとすることもできますし二重がない方は二重をつくることも可能です。
また、二重の幅を広くすることもできます。

3 傷跡が目立ちにくい。

傷跡は二重のライン上にできます。
そのため、二重のライン上なので傷跡はまったく分かりません。
手術してある程度の期間経過していればプロの目で明るい場所で近くで目元を見たとしても分からなくなります。
ただ、注意点としては傷跡は1ヶ月間程度赤みがあります。

4 眼瞼下垂手術・眼窩脂肪摘出などの内部処理が同時に可能。

目の上のたるみ取りは皮膚を切除する点以外は二重術全切開法と同様な手術です。
そのため、
目の開きを良くする眼瞼下垂手術(眼瞼挙筋腱膜の短縮)
まぶたの脂肪を取る(眼窩脂肪摘出)
まぶたの厚みを改善する(眼輪筋・ROOF切除)
を同時にすることが可能です。

目の上のたるみ取りの5つのリスク

1 傷跡が目立ってしまうことがある。

傷跡の赤みは1ヶ月程度でほとんど気にならなくなることが多いですが、3〜6ヶ月程度目立ってしまう場合があります。
医師の施術の仕方にもよりますので技術力のある医師を選びましょう。

2 左右差が出てしまうことがある。

たるみの程度や二重の形に左右差が出てしまうリスクがあります。
医師の技術力的な要素もあります。
万が一、左右差が出てしまった場合は6ヶ月以上あけて再手術した方が良いでしょう。
(二重のラインが1mm以上違うなら再手術した方が良いですが、0.5mm程度の左右差であれば再手術はしない方が良い場合が多いです。)

3 血腫。

稀ですが、創部内に血腫がたまってしまう場合があります。
そのまま様子を見れば軽快する場合が多いですが血腫の程度が強い場合は創部を生理食塩水で洗浄し、創部を再度縫合する施術が必要となります。
処置が必要な血腫が起きる確率は1%以下で滅多にありません。

4 切除できる皮膚に限界がある。

A 目尻側の皮膚は多く切除できない。

二重のライン上に切開して皮膚を切除するため、目尻側の皮膚が多く切除しにくいです。

B 10mm以上の皮膚は切除できないことが多い。

まぶたの皮膚はわずか0.6mmでありヒトの皮膚の中でもっとも薄いと言われています。
それに眉下の皮膚は厚いです。
そのため、まぶたの皮膚を切除しすぎると薄い皮膚と厚い皮膚を縫合することになり不自然な二重まぶたになってしまいます。
皮膚の切除量に制限があるということになります。
まぶたのたるみの程度がかなり強い方でも10mm程度が限界となることが多いです。
10mm以上など多くの皮膚を切除する必要がある場合は後日眉下リフト(※)を受けた方が良いでしょう。

※眉下リフトに関してはこの記事参照。

5 傷が感染してしまうことがある。

非常に稀ですが創部が感染してしまうことがあります。
感染した場合は抗生剤の内服や外用治療が必要となります。
重症の糖尿病やステロイド内服中などの疾患がなければまず感染はないでしょう。

目の上のたるみ取りの修正をする場合はいつすべきか?

目の上のたるみ取りを受けて修正手術はいつ頃するべきなのでしょうか。
説明していきます。

1 左右差がある

6ヶ月以上待った方が良いケースが多いでしょう。
理由としては1ヶ月経過した時点で腫れは90%程度引いていますが、最終的な完成には3〜6ヶ月かかるからです。
また、3〜6ヶ月程度経過していれば傷も柔らかく再手術もしやすいです。
6ヶ月以上待つことで微妙な左右差は改善することも少なくないです。
なお、左右差は多少はある方が自然ですので再手術をするべきか施術を受けた医師に相談しましょう。

2 傷跡が気になる

まずは6ヶ月待ちましょう。
通常傷は1ヶ月程度赤みがあり、3〜6ヶ月かけてほとんど分からなくなります。
6ヶ月以上待って傷跡が気になる場合は、修正手術をすることがあります。
また、手術適応を含め施術を受けた医師に相談しましょう。

3 予定外の二重のラインがある

二重のラインの上に予定外の重瞼線が出てしまう場合があります。
内部処理の仕方、不適切な眼輪筋の切除などがあると予定外の二重のラインができてしまう場合があります。
その場合は様子をみれば軽快することもあれば残ってしまうこともあります。
手術後早期に修正することもあれば、6ヶ月以上待ってから行うこともあります。
施術を受けた医師に修正の時期等は相談しましょう。

4 二重のラインを低くしたい

腫れがひけば二重のラインは低くなります。
そのため、6ヶ月以上待った方が良いケースが多いでしょう。
なお、二重のラインを下げる手術は皮膚の余裕がない場合は難しいです。
施術を受けた医師に相談しましょう。

目の上のたるみ取り以外に目の上のたるみを改善させる2つの方法

1 眉下リフト(眉下切開法)

眉毛の下の皮膚を切り取ることによって大きく改善させることが可能でありその手術のことを眉下リフト(眉下切開法)と呼びます。
特に目尻側のたるみを改善させたり、目の上のたるみ取り手術を受けた後に追加でまぶたのたるみを取りたい方に有効な手術です。
また、目と眉毛の距離が近くなるという利点もあります。

※眉下リフト(眉下切開法)に関して詳しくはこの記事参照

2 二重埋没法

二重埋没法はまぶたを糸で留めて二重をつくるプチ整形です。
まぶたがたるんでしまうと二重のラインが下がってしまって見えます。
そこで、二重のラインをあげて新たにつくることによってたるみを軽減させることが可能です。
割合的にはこの二重埋没法による上まぶたのたるみ改善をする方が一番多いです

※二重埋没法に関して詳しくはこの記事参照
※二重埋没法の医師・クリニック選びに関して詳しくはこの記事参照

まとめ

目の上のたるみ取りは傷跡が目立ちにくく、目の上のたるみを改善できるため人気のある手術です。
また同時に二重術全切開法と同様な内部処理が可能なため綺麗な二重のラインを形成することも可能です。
ただ、経験が浅い医師が施術すると左右差が出てしまうリスクもあります。
そのため、適応を含めカウンセリングを受けて信頼できる医師を選びましょう。

関連記事