二重・目もと整形

【医師解説】埋没で二重幅をどこまで広くできる?埋没で幅を広くするときの注意点

二重埋没法で二重幅を広くつくることは可能です。

二重埋没法は日本でもっとも行われている美容外科手術です。
また、二重埋没法は手軽な手術ですが
・二重埋没で幅が広い二重はできるのか?
・二重埋没で幅が広い二重は取れやすいのか?
・幅が広い二重をつくりたい場合は全切開二重術の方が良いのか?
という不安や疑問を持っている方は少なくはありません。
そこで今回、美容外科医の私が二重埋没法で幅が広い二重ができるのか等に関して説明していきます

二重埋没法とは?

二重埋没法は切らないためプチ整形と言われて手軽な施術です。
二重埋没法は糸でまぶたを結び10〜15分で手軽に二重をつくることができリスクも少なく元に戻すことも可能です。
そのため、日本で最も行われている美容外科手術であり日本だけで年間数万人以上が受けています。

二重埋没法の腫れの経過

腫れのピークは直後〜翌日の朝です。
これらの大きな目立つ腫れはだいたい2日程度あるということです。
この期間は腫れの影響で二重の幅が倍くらいに見えてしまうこともあります。
そして、腫れは1週間で70%程度軽快します。
つまり、1週間でだいぶ落ち着くということですね。
そして、1ヶ月で二重は完成します。
(術前にシミュレーションした二重の幅になります。)
手軽な二重埋没法ですが最低1ヶ月間は必ず腫れがあるということには注意が必要となります。

二重の幅は何ミリまでできるのか?

まず、二重の幅の目安としては以下のようになります。

【二重の幅の広さの目安】
5mm以下:奥二重
7mm:平均的な二重
10mm:幅が広めの二重
12mm以上:かなり幅が広い二重

ただ、起きている状態と横になっている状態とでも二重の幅は違いますしあくまでも目安となります。
二重の幅が何ミリまでできるのかは
・まぶたの厚み
・まぶたの脂肪
・まぶたのたるみ
・目を開く力の強さ(挙筋機能)
などにもよってきますのでその方によって異なります。
ただ、10mm以上は二重の幅は広く、12mm以上は難しい場合も多いという認識はしておいた方が良いです。
いずれにせよ医師にシミュレーション・診察をしてもらいどの幅は良いか相談しましょう。

二重の幅を広くすると取れやすいのか?

まぶたの皮膚は目に近いほど薄く、眉毛に近いほど厚くなります。
そのため、二重の幅を高くするほど厚い皮膚を利用して皮膚を折り込んで二重をつくることになりますので狭い二重幅と比べると取れやすくなります。
ただ、もともとまぶたが薄い方の場合は二重の幅を広くしても問題なく長期的にキープすることも可能です。

二重の幅を広くする場合の注意点

二重の幅を広くする場合には以下のような注意点があります。

1 まぶたが厚い人は取れやすいため取れにくい二重埋没法で施術したり、脂肪取りを併用した方が良い。

二重埋没法は数年で取れてしまう方法からなかなか取れにくい方法もあります。
そのため、幅が広い二重は取れやすいため、二重埋没法をするときには取れにくい二重埋没法をするというのは良い方法と言えるでしょう。
また、まぶたに厚みがある場合は脂肪取りも併用した方が良いですね。

2 人によっては幅が広い二重だと眠たそうに見えてしまう。

二重の幅が広いと人によっては眠たそうに見えてしまう場合があります。
その場合は、二重を広くしすぎないようにしたり、目の開きをよくする手術(眼瞼下垂手術)も併用した方が良いでしょう。

3 腫れが目立ちやすい

二重埋没法は必ず腫れが出ます。
二重の幅が広いとそこから腫れるため腫れが目立ちやすいと言えます。
そのため、少し長めにお休みがあると安心ですね。

4 不自然になることがある

二重の幅が広いといわゆる整形顔、不自然になってしまう場合があります。
そのため、二重の幅の広さが不自然でないかどうかシミュレーションをしてみる必要がありますね。

幅が広い場合は二重埋没よりも二重全切開の方が良いのか?

幅が広い場合は二重埋没よりも二重全切開の方が良い場合もあります。
以下の通りです。

1 二重埋没法だと取れやすい場合

二重埋没法だと取れやすい場合があり、二重全切開だと一生モノです。
そのため、まぶたに厚みがあり取れやすいタイプの人は二重全切開の方が良いと言えます。

2 たるみがある場合

まぶたにたるみがある場合は、たるみ取りも併用できる二重全切開の方が良いです。

3 目の開きが良くない場合

目の開きが良くない場合は幅が広い二重をつくった場合に眠たそうに見えてしまいます。
そのため、その場合は眼瞼下垂手術をしっかりと併用した方が良いです。
二重全切開は眼瞼下垂手術を併用して二重をつくることが可能なため二重全切開の方が良いと言えます。

二重の幅を広くつくりすぎてしまい直したい場合

二重の幅が思ったよりも広かった、直したいという場合もあるかと思います。
その場合は手術して1ヶ月以内・1ヶ月以降で適切な対応が異なります。

【手術して1ヶ月以内の場合】
手術して1ヶ月以内の場合は二重埋没法の手術の影響で腫れがあります。
特に手術から1週間以内はかなり広くなっています。
腫れがあると二重の幅は広くなり、腫れが引けば必ず二重の幅は狭くなります。
そのため、手術して1ヶ月以内ということであればまずは1ヶ月様子をみましょう。
1ヶ月以上経過して二重の幅が広く感じた場合は施術を受けた医師に診察してもらいましょう。

【手術して1ヶ月以上の場合】
手術して1ヶ月以上経過していれば腫れがほぼ引き二重の完成の状態です。
そのため、1ヶ月以上経過して二重の幅が広いと感じた場合は糸を抜糸する必要があります。
二重埋没法の抜糸は手術から3ヶ月以内が抜糸しやすいと言えますので幅が広いと感じた場合はまずは手術してから1ヶ月以上経過した時点で施術を受けた医師に診察してもらいましょう。

二重埋没法で二重の幅が広いことに関してよくある質問

以下が二重埋没法でつくる幅の広い二重に関してよくある質問となります。

Q1 二重の幅を広くつくりたいです。
二重埋没法だけでは難しいでしょうか?

まぶたの厚みがある方、目の開きが弱い場合は二重埋没法だけでは難しいです。
二重全切開や眼瞼下垂手術が必要となります。
逆にまぶたが薄く、目の開きが強い場合は二重埋没法のみで可能です。
そのため、医師の診察を受けましょう。

Q2 1週間前に二重埋没法を受けました。
二重の幅が広くしすぎたと後悔しています。
二重の幅は狭くなりますか?

1週間前に二重埋没法を受けたんですね。
まだ腫れがある時期です。
1ヶ月以内は必ず二重の幅が狭くなりますのでご安心下さい。
万が一、1ヶ月以上経過して二重の幅が広いと感じた場合は施術を受けた医師の診察を受けましょう。

Q3 二重埋没法で二重幅を広くしましたが取れてしまいました。
切開の二重をした方が良いでしょうか?

二重埋没法で幅が広い二重をして取れてしまったんですね。
まぶたにもよりますが、幅が広い二重ですと二重埋没法は取れやすい場合があります。
そのため、二重術全切開をした方が良いかもしれませんね。
医師に診察してもらいましょう。

Q4 二重埋没法で二重幅を10mmでつくりました。
広すぎでしょうか?

二重の幅を10mmでつくったんですね。
その二重が広いかどうかはその人のまぶたの厚み・目の開きの強さなどによります。
自然な場合もあれば広い場合もありますね。

Q5 1週間前に二重埋没法で広い二重をつくりました。
二重のくい込みが気になります。
これは治りますか?

1週間前ということなので腫れが強い時期ですね。
腫れている間は設定より幅が広くなり、食い込みも強く、腫れが引くに従ってだんだん狭くなります。
様子を見ていけば改善するため1ヶ月間様子をみましょう。
万が一1ヶ月間様子を見て改善しなければ医師の診察を受けることをお勧め致します。

Q6 二重埋没法をしましたが、もっと広く二重をつくりたいと思います。
糸を抜糸しなくて二重全切開でさらに広く二重幅にすることはできますか?

基本的に糸を抜糸しなくて二重全切開で二重幅を広くつくることは可能です。
ただ、広い二重幅で全切開すると腫れなどのダウンタイムは長くなる傾向がありますので注意が必要となります。

Q7 二重埋没法を3ヶ月前にしました。
幅を広くつくりすぎました。
狭くすることはできますか?

3ヶ月前に二重埋没法をしたんですね。
腫れが完全に引いている時期です。
幅を狭くするには糸を抜糸して二重のラインをなくすしかありません。
二重の抜糸は施術を受けた医師にしてもらうのが一番良いため施術を受けたクリニック・医師の診察を受けましょう。

Q8 二重埋没二重幅を10mmでつくりました。
さらに広くすることはできますか?

二重幅10mmは二重の幅として広い方ですね。
ただ、二重幅を12mmなど10mmよりもさらに広くすることは基本的に可能です。
なお、二重幅を広くしすぎると眠たそうに見えてしまうこともありますので注意が必要となります。
医師の診察を受けましょう。

まとめ

以上、いかがだったでしょうか。
二重埋没法でつくる幅が広い二重についてのまとめでした。
二重埋没法で幅を広くすることも可能ですが、取れやすい場合もあり眠たそうに見えてしまう場合があります。
そのため、医師の診察を受けてどのくらいの幅が良いか相談しましょう。

【関連記事】
【医師解説】二重埋没法のダウンタイムは?二重埋没の腫れ・ダウンタイムまとめ。
【医師解説】二重埋没の左右差があったらやり直すべき?埋没の左右差・修正について。
【医師解説】二重埋没法は7回が限度?二重埋没法が何回できるのかまとめ。
【医師解説】埋没で失敗した?二重埋没の抜糸の腫れとリスクと注意点。
二重埋没法は腫れる?医師が教える二重埋没法の全て。
【医師の本音】失敗しない二重埋没法の医師・クリニック選びの方法。
【医師が教える】埋没二重の疑問!二重埋没法でよく聞かれる62の質問まとめ。

関連記事