二重・目もと整形

【医師解説】二重埋没法は7回が限度?二重埋没法が何回できるのかまとめ。

二重埋没法は日本でもっとも行われている美容外科手術です。
また、二重埋没法は手軽な手術ですが数年で取れてしまうことも少なくありません。
そのため
・二重埋没法は何回までできるのか?
・二重埋没法の限度は何回か?
という不安や疑問を持っている方は少なくはありません。
そこで今回、美容外科医の私が二重埋没法が何回できるのかという点に関して説明していきます

二重埋没法とは?

二重埋没法は切らないためプチ整形と言われています。
二重埋没法は糸でまぶたを結び10〜15分で手軽に二重をつくることができリスクも少なく元に戻すことも可能です。
そのため、日本で最も行われている美容外科手術であり日本だけで年間数万人以上が受けていると言われています。

二重埋没法をやりすぎた時の5つのリスク

二重埋没法の糸はナイロン糸であり体内で安全な物質です。
ただ、まぶたの皮膚はヒトの皮膚の中で一番薄く糸が多く埋め込まれることは好ましいことではありません。
以下のようなリスクがあります。

1 異物感を感じやすい

二重埋没法をして糸を埋め込むことによってまぶたや目に異物感を感じてしまうことがあります
たくさんの糸が埋め込まれていると異物感を感じるリスクが高くなります。
なお、異物感は様子をみれば改善することもありますし、抜糸しなくては改善しないこともあります。

2 予定外の二重のラインが出てしまうことがある

二重埋没法を複数回して二重のくせが中途半端につくことがあります。
その場合、新たに二重埋没法をして二重のラインをつくっても一部、予定外の二重のラインが残ってしまう場合があります。

3 糸が透けて見えてしまうことがある

まぶたは薄い皮膚です。
そのため、糸をたくさん埋め込んでしまうことによって糸が少し透けて見えてしまうことがあります。

4 糸のふくらみが見えてしまうことがある

体質にもよりますが、糸をたくさん埋め込んでいることによって糸を埋め込んでいるところがふくらんでしまうことがあります。
まぶたを閉じた時に目立ってしまいますね。

5 感染やアレルギーのリスクが高くなる

糸は体内で安全な物質ですが、稀にアレルギーや感染などの症状が出てしまうことがあります。
そのため、たくさんの糸を埋め込んでいることによってそういったリスクが高くなります。

二重埋没法は何回までできる?

二重埋没法を何回までできるかはケースバイケースです。
まぶたの状態にもよります。
ただ、シンプルにまとめると以下のように考えることができます。

1 糸のふくらみが出やすい人

糸のふくらみが出やすいタイプのまぶたの人がいます。
そういった人の場合はあまりたくさんの二重埋没法はしない方が良いと言えます。
2回までにした方が良いです。

2 まぶたが薄く糸が透けてみえやすい人

1と同様ですが体質的に糸が見やすいという方もいます。
そういった方はたくさんの二重埋没法はしない方が良いですね。
2回までにした方が良いです。

3 1と2以外の人

3〜4回までの二重埋没法は基本的にはまったく問題ありません。
問題になるのはそれ以上です。
5〜7回程度二重埋没法をするとさすがに異物感が強くなってしまったり、裏側の組織(瞼板)もかなり硬くなってしまっています。
目の開きが悪くなってしまうリスクもあります。
そのため、5回以上の二重埋没法はリスクが高いと認識しておいた方が良いです。
ちなみに、私が経験した今までで一番二重埋没法の回数が多い方で二重埋没法の7回目という方でした。
その方に関して言えば裏側の組織(瞼板)はガチガチに硬くなってしまっている状態でしたが二重埋没法自体は問題なくでき経過も問題ありませんでした。

二重埋没法の種類によってできる回数が異なる?

二重埋没法の種類によって糸が埋め込まれている長さは異なります。
いわゆる取れにくい二重埋没法はオーソドックスな二重埋没法の2倍くらいの長さの糸が埋め込まれているというケースもあります。
取れにくい二重埋没法1回で普通の二重埋没法2回分の負担がある可能性があるということです。
このあたりは医師の施術の仕方にもよりますので心配な方は医師に確認しましょう。

二重埋没法ができない場合はどうすれば良いの?

二重埋没法ができない場合は二重部分切開もしくは二重全切開をすると良いでしょう。
二重全切開や二重部分切開は問題なくできます。
また、二重全切開をすることによって以前埋め込まれていた糸を抜去することもできますのでまぶたを綺麗にして一生モノの二重にすることができます。

関連記事
二重術全切開法で失敗はある!?医師が教える二重全切開のリスク・ダウンタイム。
【医師が教える】切開二重の疑問!二重術全切開法でよく聞かれる28の質問まとめ。
【医師解説】何日間休めば大丈夫?二重・目元整形のダウンタイム・必要なお休み日数まとめ。

よく聞かれる10の質問

以下が複数回の二重埋没法をする場合に聞かれる質問となります。

Q1 二重埋没法が2回までしかできないと聞きました。
本当ですか?

糸は体内で安全ですが、異物です。
感染やアレルギーのような症状が出る方や、糸のふくらみが目立ちやすいタイプの方もいます。
そういった方は2回までにした方が良いと言えるでしょう。
そうでない方は3回以上やっても問題ありません。

Q2 二重埋没法を以前に3回しましたが取れてしまいました。
次は二重全切開を考えています。
二重埋没の糸を全て取ることはできますか?

二重全切開で糸はほとんど取ることができます。
内部処理をするときに同時に取れるからです。
ただ、それでも一部糸が見つからずに残ってしまう場合がありますがほとんど取れるため実際は気にしなくて大丈夫です。
(完全に全て取ろうすると手術時間も長くなり)

Q3 二重埋没法を4回して取れてしまいました。
5回目の二重埋没法をすることはできますか?

4回二重埋没法をして取れてしまったんですね。
結論からいうと5回目の二重埋没法をすることは可能です。
ただ、異物感を感じてしまうリスクがあることが注意点となります。
なお、医師の診察・判断・見解によるところもありますのでまずは医師の診察を受けましょう。

Q4 二重埋没法を合計5回しました。
まぶたに異物感・目がチクチクする感じがあります。
これを改善させる方法はありますか?

二重埋没法を5回してまぶたに異物感・目がチクチクする感じがあるんですね。
それは糸が眼球側に出てきてしまっている場合があります。
できるだけ早く施術を受けたクリニックを受診しましょう。
抜糸が必要な場合があります。
基本的に抜糸をすれば改善します。

Q5 二重埋没法を繰り返していくと目の開きが悪くなることがありますか?

理論的には二重埋没法を眼瞼挙筋に負担がかかるやり方で複数回行った場合は目の開きに影響する場合があります。
ただ、二重埋没法が原因で眼瞼下垂になっている人は実際ほとんどいません。
(私が施術した1000人以上では1人もいません。)
そのため、挙筋法ではなく瞼板法や瞼板上端法で数回やる分には問題ないでしょう。
ただ、少なくとも5回以上二重埋没法をする方はそういったリスクがあると認識した方が良いと言えます。

Q6 二重埋没法をたくさんして眼瞼下垂になった場合に改善させる方法はありますか?

万が一二重埋没法をして眼瞼下垂になってしまった場合は、全切開二重+眼瞼下垂手術をすると良いでしょう。
原因となっている糸を抜去することができますし、目の開きをよくでき、二重のラインも形成できます。

Q7 3回目の二重埋没法を考えています。
1回目と2回目の埋没法の糸を抜去せずにすることはできますか?

3回目の二重埋没法なんですね。
基本的には以前行った二重埋没法の糸を抜去せずに3回目を行うことは可能です。
ただ、以下のような場合は糸を抜去した方が良いと言えるでしょう。
・目がゴロゴロする
・目がチクチクする
・まぶたに異物感がある
・新しい二重のラインをつくるときに邪魔になる(三重になってしまう。)

Q8 4回目の二重埋没法を考えています。
以前行った二重埋没法の糸を抜糸して二重埋没を行うことはできますか?

結論から言えば抜糸は可能です。
ただ、以下のようなケースは抜糸が難しい場合が少なくありません。
・二重埋没法をして1年以上経過している。
・糸が透けてみえない。
・糸のふくらみがまったく分からない。
・裏側から結紮している二重埋没法

そういった場合は無理に抜糸をせずに二重埋没法をおこなった方が良いことが多いです。
担当医に相談しましょう。

Q9 二重埋没法を1回受けました。
幅が広すぎると感じています。
糸を抜糸して二重埋没法をするということは同じ日に同時にすることはできますか?

二重埋没法を受けて幅が広すぎると感じているんですね。
二重埋没法を受けて1ヶ月以内であれば様子をみた方が良いですがそれ以降であれば抜糸が良いケースが多いです。
なお、二重埋没法の抜糸は腫れてしまう場合があります。
腫れてしまった場合は同日に手術できないです。
そのため、抜糸して2週間後以降に再手術となる場合が少なくありません。
担当医に確認しましょう。

Q10 二重埋没法を1ヶ月前に受けました。
二重のラインが思ったより低いです。
この時点で二重埋没法のやり直しをすることはできますか?

二重埋没法をして1ヶ月経過して二重の幅が狭いと感じているんですね。
その場合は二重埋没法をやり直した方が良いでしょう。
基本的にはその時点で再度二重埋没法をすることは可能です。
ただ、医師の見解によるところもありますので担当医に相談しましょう。

まとめ

「二重埋没法は3〜4回まで基本的に問題なし。
5回以上はリスクがある。
その場合は二重埋没法ではなく二重全切開をするという選択肢の方が良いということが少なくない。」

ということが以上のまとめです。
(体質やまぶたの状態にもよりますので一概には言えませんが。)
まぶたの状態によって何回程度できるか異なりますので心配な方は医師に相談しましょう。
(なお、医師によって何回くらいまで大丈夫なのかという意見・見解は異なりますのでご注意下さい。)

【関連記事】
【医師解説】埋没で失敗した?二重埋没の抜糸の腫れとリスクと注意点。
二重埋没法は腫れる?医師が教える二重埋没法の全て。
【医師の本音】失敗しない二重埋没法の医師・クリニック選びの方法。
【医師が教える】埋没二重の疑問!二重埋没法でよく聞かれる62の質問まとめ。

関連記事