体の整形

【医師解説】ふくらはぎボトックス注射の効果・持続期間・副作用・必要単位数まとめ。

ふくらはぎは痩せようとしてもなかなか痩せないことも少なくありません。
それは、なぜかと言うとふくらはぎが太く見える原因として考えられるのが
骨・筋肉・脂肪ですが筋肉が原因でふくらはぎが太くなってしまっている方が多いからです。
そのため、脂肪吸引などをしても思ったほどの効果が得られないということもあります。
ではふくらはぎを細くするためには、ふくらはぎの筋肉を細くするにはどうすれば良いのでしょうか。

方法としては
① ふくらはぎボトックス注射
② ふくらはぎ少女時代(サーモコン(TCR))
があります。

ふくらはぎ少女時代も良い治療なんですが、
ふくらはぎボトックス注射の方が手軽にできるためとても人気です。
では、今回は【ふくらはぎボトックス注射】について美容外科医の視点から説明していきます。

そもそもふくらはぎが痩せにくい原因

大まかに言えばふくらはぎは骨・筋肉・脂肪からできています。
その中でもふくらはぎのほとんどの部分は筋肉のボリュームで占められています。
そのため、筋肉が多いと太く見えますし、筋肉が少ないと細く見えます。
ふくらはぎは学生の頃スポーツをしていて鍛えられている人も少なくないですし、
ダイエットしても筋肉はすぐには落ちにくいため、ふくらはぎは痩せにくいと言えます。

ボトックス注射とは?

ボトックス注射は筋肉と神経筋接合部に作用し筋肉の収縮を抑える作用のある注射です。
そのため、過剰な筋肉の収縮を抑えることで目尻や額のシワを改善します。

なぜ、ボトックス注射でふくらはぎが細くなるの?

ふくらはぎの筋肉にボトックス注射を打つとボトックスの効果でふくらはぎの筋肉の運動能力が下がります。
筋肉は使わないと退化します。
そのため、ふくらはぎの筋肉を萎縮させて筋肉を細くするというわけです。
ふくらはぎの太さの原因が筋肉のボリュームということが多いため、ふくらはぎ痩せ効果を実感することができます。

効果の持続期間はどのくらい?

ボトックスの薬剤的な効果としては、3~6ヶ月間です。
そのため、筋肉を使うようになれば元の大きさに戻りますので定期的に注射することをオススメします。
ただ、昔鍛えた筋肉をもう使っていない方などは
(学生時代部活で鍛えたけど社会人になり運動をしなくなった方など)
ボトックスの効果が半永久的に持続する可能性はあります。

ダウンタイムは?

注射ですので腫れや内出血があります。
ただ、腫れは1〜2時間程度で気にならなくなることがほとんどです。
直後でも薬の液体の容積分(両側で8〜16cc程度)の腫れですので大きく腫れはしません。
また、内出血はある一定の割合で起きてしまいます。
ただ、内出血が起きてしまってもごく小範囲であり1〜2週間で必ず吸収されていきます。
そのため、当日に予定があっても基本的には問題ない処置であると言えます。

痛みは?

痛みは筋肉注射という感じでチクチクします。
また、ふくらはぎの筋肉にムラなく注射した方が効果的なため注射で針を刺す回数が比較的多いです。
痛みを感じるのは注射の針が刺さる瞬間と液体が入ってくるときの浸透圧による痛みです。
注射後に痛みを感じることは基本的にはありません。
(注射した部位が数日間少しジンジンすることはあります。)

そのため、ボトックス注射の処置の際には表面麻酔クリームや笑気ガスを併用した方が良いでしょう。
表面麻酔クリームは20〜30分間注射する予定の場所に塗ることによって注射で刺すことによる痛みを軽減させます。
笑気ガスは吸入することによってリラックスした状態になり少しうとうとします。そのため、注射による痛みがだいぶ楽になります。
(なお、ボトックスを生理食塩水だけでなく、メイロンというアルカリ性の液体で希釈してつくっている親切なクリニックだと浸透圧の痛みは最小限です。)

副作用・リスクは?

副作用・リスクは基本的になく安全です。
(女性で2ヶ月間、男性で3ヶ月間避妊が必要です。)
強いて言うなら、注射による痛み・腫れ・内出血くらいでしょう。
ただ、稀に「歩くと疲れやすい」、「歩きにくい」など症状が出る方がいますが一時的ですのでご安心下さい。

どのくらいの単位数を打てば良いのか?

アジア人用のボトックスの治療ガイドラインには下記のような記載があります。

For the treatment of calf hypertrophy, the members recommended a total dose of 100 to 120 U (50-60 U/side)
「ふくらはぎ肥大の治療のためにはトータルで100~120単位(片足50~60単位)が推奨される」
<参考文献1>

そのため、最低でも両足で100単位くらいは注射した方が良いと言えます。

※単位とはボトックスの注入量を示す独特の数え方です。mlやccでは数えません。(ボトックスは生理食塩水などで溶解してから注射するためです。)

また、ふくらはぎの発達の程度・求める効果によっては多く注射することも多く、

平均的には両足で200単位、最大で両足で400単位まで注射しています。

最後に

ボトックスの単位数・注入量によって価格は変わります。
ホームページに載っている金額が安くても注入する単位数が少ないというケースもあります。
そのため、ふくらはぎボトックスを検討されている方はクリニックを受診する前にボトックスの単位数による金額を確認してみると良いと思います。

参考文献
【1】 Ahn BK et al:Consensus recommendations on the aesthetic usage of botulinum toxin type A in Asians.
Dermatol Surg. 2013 Dec;39(12):1843-60

【関連記事】
【医師解説】ふくらはぎの筋肉を落とす!ふくらはぎボトックスで聞かれる15の質問

関連記事