体の整形

【医師解説】手軽な豊胸術!アクアフィリング豊胸の7つのリスク。

バストの大きさや形でお悩みの女性は決して少なくないでしょう。
しかし、身体にメスを入れる豊胸手術には抵抗がある方は多いですよね。
そんなお悩みを解消するのが、以下のような豊胸術です。
1 ヒアルロン酸注入による豊胸
2 アクアフィリング・アクアリフト注入による豊胸
3 脂肪注入による豊胸
4 インプラントによる豊胸
その中でもメスを使わないヒアルロン酸豊胸、アクアフィリング・アクアリフト豊胸が人気ですね。
今回、アクアフィリング・アクアリフトの注入による豊胸の7つのリスクに関して美容外科医の視点からまとめていきます。
では、説明していきます。

アクアリフト・アクアフィリング豊胸とは?

アクアリフト・アクアフィリング豊胸とは注入剤であるアクアリフト・アクアフィリング製剤を胸に注入します。
そのため、手軽に注入直後からバストアップを実感することができます。
豊胸の施術の中でも一番手軽なものの一つとして分類されています。
なお、アクアリフトとアクアフィリングはほぼ同様の製剤です。

アクアリフト・アクアフィリング豊胸の流れとは?

アクアリフト・アクアフィリング豊胸は局所麻酔でおこなうことができますが痛みが心配な方は静脈麻酔を併用することも可能です。
静脈麻酔を併用した場合は20〜30分眠っている間に全てが終わっている形になります。

なお、アクアリフト・アクアフィリング豊胸の流れとしては以下のようになります。
1 針穴をあける部位に局所麻酔をします。
2 先が細いカニューレを挿入し麻酔を注入していきます。
3 アクアリフト・アクアフィリングを注入していきます。
(痛いのは麻酔の注入までです。アクアリフト・アクアフィリングの注入で強い痛みを感じることはありません。)
4 針穴を溶ける糸で内部を縫合し医療用のボンド(ダーマボンド)で塞ぎ、施術は終了となります。
そのため、慣れている医師がおこなう場合は抜糸の必要はありません。

アクアフィリング・アクアリフトの注入による豊胸の7つのリスク

1 痛み。

施術中は麻酔をするので痛みは基本的にはあまりありません。
(ただ、麻酔の注射をするときに鈍痛を感じます。)
術後、胸がはっている感じの痛みが多少あります。
また、施術後数日間は筋肉痛のような痛みを感じる場合もありますが1週間もすると落ち着きます。

2 腫れ・内出血。

注射後は麻酔液の影響で麻酔液が入っている分は腫れています。
麻酔液が吸収され腫れが落ち着いていき、1週間後に完成です。
注射による手技なのでまれに内出血することもあります。
内出血した場合でも1〜2週間で落ち着きます。

3 傷跡。

傷跡は3mm程度の針穴だけなのでほとんど分からなくなります。
1週間で針穴は分かりにくくなりますが、多少の赤みは1ヶ月程度残ります。
なお、針穴ができる位置は医師によって施術の仕方によって異なりワキのところに針穴をつける場合もあれば胸の下に針穴をつける場合があります。

4 大きくするのに制限がある。

アクアリフト・アクアフィリングを多量に注入することには限界があります。
両胸で400ccが最大で注入できる量です。
もともと胸の小さい方や授乳経験のない方は両胸で200cc程度の注入とした方が良いでしょう。
そのため、基本的にはアクアフィリング・アクアリフト豊胸は1〜2カップのサイズアップと考えた方が良いです。

5 長期的には持たない。

持続期間は3〜5年間程度です。
そのため、長期的に効果を維持したい場合繰り返す必要があります。
繰り返す場合は費用がかさんでしまいます。

6 しこりができることがある。

ヒアルロン酸よりもリスクは少ないですが、しこりになってしまう場合があります。
そのため、アクアフィリング・アクアリフトを少量ずつ、まんべんなく注入する繊細な技術が必要となります。
しこりになってしまった場合、マッサージをして様子をみます。
少なくとも注入して1〜2ヶ月の時点であればマッサージで軽快することが多いです。
万が一、マッサージしても軽快せずに気になる場合は取り出す処置が必要となります。
なお、取り出す処置は以下のような流れとなります。
・針穴をあける。
・麻酔の注射をする。
・生理食塩水を注入ししこりを柔らかくする。
・シリンジで吸引する。
・針穴を1針吸収糸で縫合する。
・傷口を医療用のボンドでとめる。
取り出す処置のダウンタイムは最低でもアクアリフト・アクアフィリング豊胸の施術を受けた時と同程度を考えた方が良いでしょう。

7 感染してしまうことがある。

めったに起こりませんが施術中や施術後に体に入った細菌がアクアリフト・アクアフィリングの周囲で炎症を起こし感染してしまうことがあります。
感染した場合は赤く腫れて痛みがでます。
その場合、抗生剤の点滴をしたりアクアリフト・アクアフィリングを取り出す処置をする必要があります。
(しこりになってしまった場合と同様です。)
ただ、取り出す処置まで必要な確率は0.5%程度であり非常に稀です。

まとめ

アクアリフト・アクアフィリング豊胸は手軽にでき効果の持続期間も長いため需要のある施術ですが、リスクはゼロではありません。
長期的な成績は不明な点が多いです。
(危険性などに関して詳しくはこの記事参照。)
そのため、事前に医師から十分な説明を受けるようにしましょう。

関連記事